ブログランキング3

不器用なわたしたち

  • 記事数 141
  • 読者 526
  • 昨日のアクセス数 51594

テーマ:小説 > 回顧録

2018/04/20 13:05:28

  • 40
  • 0

話し終えて焼酎を一気に飲んだ。涙も出なかった。
喉がカーッと熱くなり、胃がポっと温かくなった。

相田さんは何も言わず、空いたグラスに焼酎を注いでくれて、
席をたった。

志津さんと二人っきりになった。

「辛かったわね。」
決して同情ではない、志津さんのその言葉。

目の縁が熱くなるのはお酒のせいか、涙のせいか
わからなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 買ったお水をゴクゴク飲む。もちろん、高嶺くんが。...

  2. 酔っ払い

    2016/10/16

    車を降りて絹香が居ないことに安心したその日のご飯は し...

  1. 1396*パリ④

    2016/07/06

    ある夜、ゲストハウスのバーで私とアメリはお酒を飲んでいた。...

  2. #70 春の宴

    2016/04/27

    ……4月になり、今年も歓送迎会が開かれた。彼...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3