ブログランキング16

STORY BOX

お話を中心に書いてます… ただ今、20作目執筆中…

  • 記事数 2813
  • 読者 782
  • 昨日のアクセス数 14651

溺れる〜あなたが?それとも私?〜348

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/04/20 16:56:27

  • 51

………









陽翔さんは
眠ってるから


起こすのも
悪いと思い…

私はベッドに
腰掛けて


編み物をした…
赤ちゃん用の手袋を

少し前から
編み始めた…


なかなか
良い感じに編めている


今年の冬前に
誕生するから

その時に使えたらと思って
色々編もうと本を購入して
考えていた



編み物に夢中になっていて


陽翔さんが眠ってるのを
すっかり忘れていた…私



「…まひろ?」



陽翔さんが
いつのまにか
目の前に立っていた


キャッ…


びっくりして
思わず叫んでしまうと



クスッと
陽翔さんが笑った


「まひろ…コレ掛けてくれたんだね?
ありがとう…」


「いいえ…疲れましたよね?
お風呂入ります?

お湯…入れてきます。」


私が編み物をやめて
立ち上がると…


「イイよ…自分でやるから。
お腹の子に編んでるのか?」



「はい…シェアハウスだと
時間もあるので

少し前から始めました。」



「予定が秋だから
良さそうだな?

その前に…
まひろのお義父さんに
ちゃんと報告して

籍だけでも
入れないとなぁ…」



「陽翔さん…
仕事は辞めないでくださいね?
この子と私の為に申し訳ないです…

異動願いが通るまで
暫く離れて過ごしても私は大丈夫です。」



私が言うと



「まひろには
苦労かけるな…ごめん。」


陽翔さんに
抱きしめられた…


陽翔さんの
心臓の音が聞こえてくる…









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 少しの沈黙の後、焦げ付いたお肉をお皿に上げながら翔ちゃん...

  2. 「これでおあいこ」目を開けると翔ちゃんが笑っていた。...

  1. ………気がついたら…そのまま眠ってい...

    STORY BOX

    • 47
    • 0
  2. 涼とはじめてのお泊りは。。。2月の決算が終わり、ちょ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/28 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3