ブログランキング30

【小説】風になりたい(R18)

BL小説。BLとは男と男の恋愛です。新作はオメガバース。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2848
  • 読者 643
  • 昨日のアクセス数 5177

【8】カレンダー

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2018/04/19 17:23:16

  • 42
  • 0

~風になりたい~     




気まずそうにヨウヘイが声をかけた。


「オメガの家の床なんかに、座れないですよね。
すみません。気が付かなくて」

「いやいやいや、そんなことないよ。ちょっと
カレンダーを見てたんだ」


1年分が見られるカレンダーには3か月ごと
に、赤い印がつけられていた。


「ちょっと、見ないで下さい!」

「これって……」


印のついた日にちをマサシが指でたどる。
ヨウヘイは諦めたようにため息をついた。


「はぁ……そうです。ヒートの予定日です」

「もうじきじゃん」


次のヒートまで、後1週間だった。


「大丈夫です。制御剤をもらってますし、
強力な制御装置も使ってますから」


ヨウヘイは袖をまくり、時計型の制御装置
をマサシに見せた。


「そんなものあるんだ」


珍しいものでも見る様な眼差しで、時計型の
制御装置をまじまじと見る。

いつの間にかマサシに腕を掴まれていて、
そこがジワッと熱くなってきた。

掴まれた腕を引いてみるが、マサシは我関せず
とグッと引き寄せ、顔を近づけて、更に熱心
に装置をみている。


「あの…」

「……」

「離して、もらえませんか?」

「もう少し、よく見せてよ」

「こんなもん、アルファのあなたには、面白く
ないでしょ。お願いだから離して下さい」


さっきより、力を入れて腕を引くが、やはり
マサシは離してくれなかった。

それどころか、自分の方にヨウヘイを引き
寄せ、腰に腕をまわされた。


「何するんですか!」

「ねえ、ヨウヘイって番(つがい)いるの?」

「そんなの、いませんよ。いたら制御装置な
んてつけてません」


頬が熱くなり、顔を背けながら、マサシに
大きな声で言う。


「じゃあ、俺の番にならない?」

「はぁ?」





☆彡( ; ゜Д゜)

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ~風になりたい~     ベッドルームも広く、大き...

  2. ~風になりたい~     4階でシンゴと別れヨウヘ...

  1. ~風になりたい~     ヨウヘイはそのまま会社と...

  2. ~風になりたい~     顔から火が出てるのではな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/18 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3