ブログランキング17

STORY BOX

お話を中心に書いてます… ただ今、引越し中ですが25作目執筆中…

  • 記事数 3175
  • 読者 861
  • 昨日のアクセス数 8328

溺れる〜あなたが?それとも私?〜334

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2018/04/17 22:03:10

  • 44

………









次の日の朝…


スッキリと目覚めた



カーテンを開けると
晴れていた…


天気が晴れていたことで
ホッとする

支度をしてから
荷物を持って



朝食を食べに
椿さんちへ向かう


「おはようございます。」



キッチンに
声をかけながら入ると


陽翔さんと椿さんが
朝食を食べていた



「まひろちゃん、おはよう。」


「おはようございます。
椿さん。」



ご飯とお味噌汁をよそって
席に着く…


「まひろ…体調の方は
大丈夫か?」と陽翔さんに聞かれ


「はい、元気です。」と答えた


…陽翔さんは緊張してるみたいで
昨日、一昨日とは違って

あまり食事が進んでいなかった…



「陽翔さん、大丈夫ですか?」


「うん…大丈夫。
ちょっと、緊張してるだけだから。」



「陽翔、しっかり挨拶して
まひろちゃんを安心させてあげてね。」


椿さんが言うと



「勿論と言いたいところだけど…
初めてのことだから、
どうなるか…。

でも、僕なりに乗り切って
まひろを安心させるよ。」


陽翔さんが
そう言ってくれて

嬉しくて、心強かった…


朝食を食べ終えてから
洗い物をして


陽翔さんと私は
駅へ向かった…









………

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 朝ご飯の部屋に行くと男性陣は既にご飯をたべはじめていた。翔ち...

  2. ………陽翔さんの心臓の音が私をホッと...

    STORY BOX

    • 43
    • 0
  1. ………早めに着いたからロッカー室には...

    STORY BOX

    • 48
    • 0
  2. ………ソファの所を見ると陽翔さんが...

    STORY BOX

    • 54
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/17 編集部Pick up!!

  1. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3