ブログランキング36

【小説】風になりたい(R18)

BL小説。BLとは男と男の恋愛です。新作はオメガバース。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2858
  • 読者 642
  • 昨日のアクセス数 5535

【7】おじゃましま~す

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2018/04/19 17:22:51

  • 26
  • 0

~風になりたい~     




ヨウヘイは言ってから、しまったと思う。


「一人なんだ。じゃあ、ピザでも買って帰り
ましょう」

「はぁ?」

「さ、善は急げ~」


マサシはスマホを取り出し、ピザ屋の店舗
検索を始めた。


「お家、どこ」

「教えません。ピザは自分んちで食べて
ください」

「どこ?」

「マサシさんはマサシさんの家へ帰って
ください」

「どこ?」

「マサシさん」

「どこ?」


ニコニコするマサシに押され、検索結果で、
自分の家に近いところをタップした。


「へぇ、ここから近いじゃん」


ウキウキしながら電話をかけた。


「もしもし~…………」


注文完了


クルッとマサシが振り向くと、すでにヨウヘイ
はいなかった。


「あぁ!」


随分先を早足で歩くヨウヘイを追いかける。


「待ってよ」

「ピザ、もらったら、自分ちへどうぞ」

「え?一緒にヨウヘイんとこ行くんだよ。
持ち帰りだと1枚サービスでついてくるから、
ひとりじゃ食べきれないし」

「そんなの冷蔵庫にいれておけば、次の日でも
食べられます」

「ヨウヘイのいけず。明日から仕事教えないから」


聞き捨てならない言葉が発せられた。


「それ、やっぱりパワハラです!」

「さあさあ、帰りましょ~」


結局マサシのゴリ押しに負けたヨウヘイは
注文してあるピザを受け取り、自宅へ、
マサシを連れて帰ってきてしまった。


カチャ


カギを開け、暗い部屋の明かりを点ける。


「狭いし散らかってますけど、どうぞ」

「お構いなくぅ~、おじゃましま~す」


マサシは背中越しにドアのカギをかけ、
さっさと靴を脱ぎ、部屋に上がった。


「うわ、マジで狭いね。玄関はいったら
もうベッドルーム?」


6畳のワンルーム。ミニキッチンと、ユニ
ットバスがついているだけ。


「すみませんね。オメガが借りられるところ
なんて、こんなんしかないですから」

「ごめん、気に障ったなら謝る」

「別に……もう慣れてますから」


折り畳み式のテーブルを出して、小さな
冷蔵庫からウォーターサーバーに入った
お茶を注ぐ。


「立ってないで座ったどうですか?」


ボーっと立っているマサシに声をかけると
ハッとして、振りかえる。


「そ、そうだね」

「あ……」


ヨウヘイは何か思い当たる。








☆彡

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ~風になりたい~     マサシは一旦リビングを出...

  2. ~風になりたい~     エレベーターで20階まで...

  1. ~風になりたい~     「そうかもしれない」...

  2. ~風になりたい~     ヨウヘイを高みへ追いやり...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/23 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 友人の子供を注意してもいいか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3