ブログランキング13

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 623
  • 読者 1250
  • 昨日のアクセス数 16354

初クンニ

しおりをはさむ

2018/02/04 13:43:35

  • 32

ひろくんの前に立って下を向いてると

「ナナ凄く良いよ。」

そう言ってきた。

「う、うん…」

恥ずかしくてそんな返事をしてるとひろくんは

「ほら、横の鏡で自分でも見てみな。」

そう言って私は横を向き自分の綺麗になったアソコを鏡で見た。

「恥ずかしいよ…」

そう言うとひろくんは湯船から出て私の前に立った。

「ナナ足開いて」

言われた通り足を開くとひろくんは私の前にしゃがみ、私のアソコへ顔を近づけた。

「えっ、えっ…」

思わず声を出すとひろくんは片手で私のアソコの割れ目を開いて舌でクリを刺激した。

「あ、あぁん、待って…」

身体がクネクネなると同時に背中が熱くなり鳥肌が立った。

思わずしゃがみ込んだ。

そんな私を見てひろくんは

「ほらおいで。」

そう言って私をベッドに連れて行き仰向けにした。

「M字開脚になって。」

そう言われ私は言われた通りにM字開脚になった。

綺麗に処理されたアソコが丸見えだった。

ひろくんは再度私のアソコに顔を近づけてクリを舌先で舐めて刺激した。

今まで味わった事のない気持ち良さだった。

そんな快感ですぐに頭の中が真っ白になった。

イってしまった…

そんな私を見てひろくんは

「あらあら、クリイきしちゃった?」

そう言いながら、イって間も無くすぐにまたクンニでクリを責めてきた。

「あんっ、ダメだよ…おかしくなっちゃう…」

今度は頭が真っ白になると同時に身体がフワフワと浮くような感じになった。

何回イったか分からないが初めてのクンニに私は気持ちいいって感情よりもおかしくなっちゃうって思う方が大きかった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. するとひろくんは「何?クンニのトリコになっちゃった?笑」...

  2. 「んっ、ひろくん?」そう言うとひろくんは「なんかこの...

  1. 私がそうお願いすると店長は「ほらもっと足開いて」内股...

  2. よし、ちゃんと言えた…。だけど、この沈黙がどうして良いか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/20 編集部Pick up!!

  1. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 無意識にマウンティングするかも

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3