ブログランキング4

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 536
  • 読者 1033
  • 昨日のアクセス数 25960

久々のsex

しおりをはさむ

2018/02/03 12:52:04

  • 25

しばらく手マンで責められると私はひろくんに

「挿れてほしい。」

そうおねだりした。

するとひろくんは

「じゃあ、四つん這いになって。」

そう言って四つん這いを指示してきた。

言われた通り四つん這いになるとひろくんは私のお尻を撫で回した。

叩いてほしいよ…と思ってもひろくんは中々叩いてくれない。

撫でてるままひろくんは自分のモノを後ろから私の中に挿れてきた。

「んんんっ…」

やっぱり指とは違う。

大きくなったモノが入って思わず腰が動く。

するとひろくんは

「自分で腰まで動かすようになっちゃったの?」

そう言いながら私のお尻を思い切り叩いた。

「あんっ…」

声を出すとひろくんは

「やっぱり締まり良くなるね。もっとエロい声上げて良いよ。」

そう言いながら何発かスパンキングをしてきた。

ひろくんは私の動きだけで楽しんでて全然動いてくれなかった。

だから私は「もっと突いて」

そうお願いするとひろくんは

「いつねだってくるかなって思ってたよ。」

そう言いながら激しく後ろから突いてきた。

「あんっ…あんっ…あんっ…」

部屋中に喘ぎ声が響き渡ってた。

「ごめんナナあまり持たないかも。」

そう言ってバックから正常位に変えて突いてくる。

ひろくんは私の肩に噛み付いた。

「いっ、痛いよ…」

久々に味わうスパンキングとは違う痛み。

「ナナあんま締めるな。もう無理イく。」

そう言ってひろくんは片手で私の首を押さながら果てた。


はぁはぁ息を上げながら私の横に寝転んでた。

私はイく事は出来なかったけど久々のsexに満足してた。

このまま泊まって行く?ってなったけど、ラブホ帰りに朝の通勤ラッシュとかに重なりたくないから帰る事にした。

道中はエロトークだったり普通の話しをしてた。

家に着いてお礼を言うとひろくんに

「じゃあ、また近々。」

そう言われ、ひろくんは帰って行った。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 仕事に行くフリして働かない夫
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3