ブログランキング38

いつまでも一緒に

旦那がご主人様に・・・ ご主人様好みの奴隷になっていく私

  • 記事数 447
  • 読者 525
  • 昨日のアクセス数 5290

結婚前の思い19

しおりをはさむ

2018/01/31 06:32:44

  • 18
  • 0

逝くのを我慢なんてしたことなかった
声が枯れるぐらい喘ぎ続けた

体も心も限界だった
私からご主人様にお願いした

「ご主人様、逝かせてください。お願します」

「ちー そんなに逝きたいの❓」

「はい」

「俺の上になってたくさん感じていいよ」

「ありがとうございます」
私はトモの上になり、腰を落とした

「あぁーーー いいーーーーー トモのチンポ気持ちいいーー」
すでに硬くなってるオチンチン

「ちー、俺は動かないから自分で動くんだよ」
拘束をほどいてくれた

「はい」
私はトモの上で激しく腰を動かした
トモの太くなったオチンチンが入ってる

「ちー、マンコをチンポが出たり入ったりしているよ。チンポくわえて厭らしいマンコだね」

「あー 恥ずかしい・・・」

「自分の厭らしい姿見てごらん」
私はトモの命令通り、頭を下げて出入りしているところを見た

「トモー 恥ずかしいです」
恥ずかしいのに・・・ 興奮している自分がいた
それだけで十分逝けそうなぐらい感じた
興奮して、激しく腰を動かした

「あぁぁぁーーーーー オマンコ逝きます・・・」

「好きなだけ逝っていいよ」
トモも下から突き上げ、二人で逝った

「ちー、まだ逝きたいよね❓ 突いてあげる」
休まずに突き続けるトモ

「トモー あぁぁーー ダメーーー」

「気持ち良いんだろ❓ お前のエロい顔良いよ。俺に調教されてるのに感じて・・・ 変態だよ。 私は変態女ですって言えよ」

「トモー あぁぁーー そんなこと言えない・・・ いぃーーー」
私が感じたり、抵抗する度に下から突き上げるトモ

「それならお仕置きでいいな」

「言います 許してください 私は変態女です」

「ちー 変態女にぴったりの調教してやるからな」

体勢を変え、座りながら私を突いた
トモとこんな体勢でするのは初めてだった
そしてなかなか逝かず、激しく腰を動かし続けるトモを見るのも初めてだった

そんなトモを見て、私は自分の厭らしさを隠す必要がないと思った

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/27 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3