ブログランキング12

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 563
  • 読者 1116
  • 昨日のアクセス数 15077

2018/01/29 13:28:03

  • 23

私は目の前の光景を見て固まった。

何故なら私の前にはカメラが置いてあった。

びっくりしてひたすら黙ったままポカンとしてると店長が

「あぁ?これ?今日のナナの姿全部撮らせてもらったよ。」

サラッとそんな事を言ってきた。

「えっ、ヤダ。恥ずかしい…。消してくださいよ…」

そう言うと店長は

「良いじゃん。誰に見せるわけでもないし世界に一つのAVだよ。」

笑いながらそう言ってきた。

「だけど恥ずかし過ぎるよ…」

そう言って下を向く。

すると店長は

「ほら、おいで。先にお風呂入ろ。」

そう言って私の手を取り2人でお風呂に向かった。

湯船にお湯を溜めてる間に店長が

「ほら、身体洗ってあげる。」

そう言って私の身体にたくさんのボディーソープを塗った。

「擽ったいよ。」

そう言うと店長は

「それでも感じてるんじゃないの?」

そう言って私のクリを指で触ってきた。

「んんんっ…」

思わず身体がクネクネする。

「ほら、足開いて」

そう言われ足を肩幅に開くと店長は私のビショビショになったまんこを丁寧に洗ってきた。

「いっぱいお漏らししたから綺麗にしないとね。」

恥ずかしい言葉を言われまたおかしな気分になってくる。

すると店長は

「ほら、ナナも俺のココ洗って。」

そう言って大きくなったモノを洗うように指示してくる。

私は自ら跪いて手のひらにボディーソープをたっぷり塗って手コキをする様に店長のモノを綺麗にした。

横を向けば鏡がありその姿はしっかりと写っておりそれだけで恥ずかしい気持ちになる。

身体を流し2人で湯船に浸かる。

なんか凄く幸せを感じてた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 私はこの時店長の事が頭に浮かんですぐには何も言えなかったけど...

  2. 泡風呂の用意が出来て早速入った。足も伸ばせる広さだし、お...

  1. 「ボトルの中は薄めた消毒液だからモノにかけたら、そこの洗剤...

  2. よし、ちゃんと言えた…。だけど、この沈黙がどうして良いか...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3