ブログランキング9

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 621
  • 読者 1242
  • 昨日のアクセス数 16221

店長の存在

しおりをはさむ

2018/01/25 12:55:57

  • 28

大岩くんを送り家に帰る。

この日は休みだから家に帰って二度寝をしようと思い朝シャンをして布団に入る。

そして何かを思い出したかのように私は携帯を取り出した。

店長から不在が5回とメールがたくさん。

昨日の仕事終わりには入ってなかったメール。

私と大岩くんが飲んだりしてる間に送られて来たみたい。

「ナナちゃんお疲れ様。今日は本当にごめんね。ナナちゃんの言う通り勝手に連絡先教えたのも良くなかったし、ましてやそれで不機嫌になったりして大人気なかったよ。本当にごめん。」

「ナナちゃん明日は休みだね。予定はあるのかな?」

「ナナちゃんアイツがナナちゃんと飯行くって言ってるけど本当かな?」

「ナナちゃん?」

「何もないよね?本当にご飯だけだよね?」

このようなメールと不在が交互に入ってた。

全く気付かなかった…

眠たかったのに一気に目が覚めた。

私はしばらくなんて返事をしようか考えてた。

だがしかし、考えても考えてもなんて返事をしたら良いか思い浮かばない。

だから私は

「ごめんなさい。今携帯見ました。」

そう一言メールを送った。

すると店長からすぐに電話がかかってきた。

出るのが怖い…

すぐには出られず少ししてから

「も、もしもし…。お疲れ様です…」

そう言うと店長は

「ナナちゃん心配したよ。何でメール返してくれないの?」

そう言われた。

野外プレイしそうになってたなんて絶対に言えない。

「ごめんなさい。」ただ一言謝った。

「アイツは?」そう言われて私は

「帰りましたよ。」とだけ言った。

会話があるような、ないようなやり取り…。

すると店長は

「昨日何したの?」

そんな事を聞いてきた。

「居酒屋にご飯食べに行きました。」

そう言うと驚いた声で

「飲んだの?」そう聞いてきた。

「飲みました。」

そう伝えると店長は

「マジか…」って凄く落ち込んだ声をしてた。

そこでお互いシーンとなった。

先に口を開いたのは店長だった。

「ヤったの?」

単刀直入にそう聞かれた。

返答に迷ったけど

「ヤってはないです。」

そう答えた。

未遂は犯したけど…。

私は最初ちゃんと断ったと自分に言い聞かせた。

「本当に?」と聞かれ

「はい。ヤってはないです。」

何度も言う。

本当にヤってはない。

店長と私の中で言う前戯はやったけど…。

でも絶対に言えないから…。

そう言うと店長は

「分かった。とりあえず休みなんだしゆっくりしな。俺は仕事してくる」

そう言って電話は切れた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 誘い

    01/24

    大岩くんからのメールを見てみると「ナナちゃんお疲れ。大岩...

  2. そこから数日また私は店長と入れ替わりのシフトになった。だ...

  1. この日はなんだか凄く忙しかった。お客さんがなかなか途切れ...

  2. バックヤードで店長との行為を終えて家に帰ってきた。翌日は...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/18 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  3. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3