ブログランキング8

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 536
  • 読者 1039
  • 昨日のアクセス数 25960

車でお泊り

しおりをはさむ

2018/01/24 23:31:27

  • 36

2人横並びに歩いてると大岩くんが私の手を取り手を繋いで歩いてた。

「へへっ」

思わず声を出して笑ってた。

そんな私を見て大岩くんは

「何笑ってんの。」

そう言って更に強く手を握って来た。

会話につまり私は

「叩かれたお尻が痛いんだけど。笑」

笑いながら言うと大岩くんが

「後でツバ付けて撫でてやるよ。そしたら治るわ。」

そんな事を言ってた。

なんだろう。

店長と大岩くんは同い年だけど、大岩くんの方が友達のように接せられる。

大岩くんもSなんだろうけど、いじめっ子感が凄いあった。

店長と大岩くんが全く知らない他人だったら未遂じゃなく本番行為をしてたかもしれない。

そんな事を思ってた。

車に着くと2人で後部座席に乗った。

一応狭いながらにも三列シートだから目一杯シートを下げて常に乗ってるブランケットをかけた。

2人ともその後は何がある訳でもなく大岩くんは間も無く寝息を立てて寝てた。

私もすぐに眠りについて起きた時には外が明るくなってた。

先に大岩くんが起きてて私が起きたのを見て

「ナナちゃんおはよう。」

そう言って来た。

「おはようございます。寝すぎちゃいました。もう少ししたらすぐに送りますね。」

そう言うと

「全然慌てなくて良いよ」

大岩くんはそう言ってくれた。

そこから少しして私は大岩くんを家まで送った。

途中コンビニに寄ってと言われたのでコンビニに寄ると

「はい、これ送ってくれたお礼。」

そう言ってミルクティーを渡された。

無事に大岩くんを送り届けたけど私はこの後背中が凍るような思いをする。

ずっと見てなかった携帯。

私はその携帯に店長から沢山のメールと不在が入っていることにまだ気付いてなかった。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3