ブログランキング14

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 567
  • 読者 1127
  • 昨日のアクセス数 13536

未遂【1】

しおりをはさむ

2018/01/24 23:31:05

  • 19

公園のベンチに2人して座る。

周りは人1人おらず街灯も少ない。

胸を触られたりお尻を触られたせいで既にアソコは濡れている…。

シーンとしてると大岩くんが

「ナナちゃん」

そう名前を呼んできた。

「はい…」そう返事すると大岩くんはまたキスをしてきた。

「んっ…」声が漏れそうになる。

すると大岩くんは舌を入れてディープなキスをしてこようとした。

私は思わず口を離してしまった。

「ま、待って…。大岩さん。ここ外だし、2人とも酔ってるし、そんな勢いで軽はずみな事したらダメだと思う。」

自分らしくない事を言ってた。

すると大岩くんは

「でもナナちゃんいじめてほしいって顔してるよ。今下どうなってるの?」

そう言われる。

店長になら素直に答えられる事も大岩くんには答えられない。

「俺さおっぱいよりもどこよりもココが好きじゃんね。」

そう言ってスカートの上からアソコを触られる。

「ナナちゃん立って。」

そう言ってベンチの前に立たされる。

黙って立ってると

「タイツ脱いで。」

そう一言言われる。

無言で首を横に振る。

「言う通りにしたら襲ったりしないから。素直に出来ないならココで公開野外プレイする?」

そう言われ思わず「絶対嫌だ」と大きな声で言っていた。

「なら言う事聞きな。俺ヤりたいとかじゃなくて好きな子をこうやって辱めて虐めるの大好きなの。ナナのまんこどうなってるの?」

いきなり呼び捨てされたり、まんこってサラっと言われる事にドキっとして背中が熱くなる。

「でもぉ…」もう答えになってないような言葉を発してた。

「おいで」そう言って引き寄せられタイツの中に手を入れられ触られる。

指を2本入れられ

「ほらこんなに濡れてるよ」

そう言いながらグチョグチョ掻き回された。

「あっ、あぁん…」

声を出して腰が動いてた。

「ナナのエロい声もっと聞かせて」

そう言ってタイツを膝まで下げられて足を開かされ手マンで一気に掻き回された。

「あんっあんっあんっ…」

イくことはしなかったけど思わず腰が動いてしまうほど夢中になってた。

そして大岩くんは

「ほら舐めて」

そう言って私のタイツを下げたままベンチで伏せのような体勢にさせてフェラの指示をしてきた。

だけど私は店長の事が頭をよぎり中々舐める事が出来なかった。

中々言う事を聞かない私に対した大岩くんは

「んっ?言う事聞けない?ココで全裸になる?」

冗談が一切ないようなトーンでそんな事を言ってきた。

私はそんな事は出来ないと思い言われた通りフェラでご奉仕を始めた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 服従

    01/15

    クリップを付けて店長の元に戻る。「付けてきた?」そう...

  2. 大岩くんのモノを舐めてご奉仕。大きさはヒロくん位。口...

  1. 恥ずかしい罰…何をされるんだろ…そう思ってると店長は身体と手...

  2. 四つん這いになると背中を押さえられてお尻が上がる体勢になった...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/25 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3