ブログランキング12

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 565
  • 読者 1122
  • 昨日のアクセス数 14855

2018/01/23 14:40:13

  • 36

ホテルに着くと店長はいきなり私をベッドに押し倒す。

「店長、ちょっ、ちょっと待って下さい…」

そう言うが店長は

「待たない」

そう言って上の服を脱がし両手で両胸を揉んでくる。

「あっ、あん…」

声を出すと

「何エロい声出してるの?」

そう言いながら乳首を強く摘んできた。

「いっ…」痛いと言いそうになるがそれも一瞬。

もう全てが快感になる。

下もスルリと脱がされる。

ノーパンだしタイツも履いてない。

すぐに手を入れられ手マンで責められる。

片手でプックリとしたクリを責められもう片方でまんこを掻き回される。

ずっと我慢してたのもあったせいかスグにイきそうになる。

そんな私を見て店長は手マンの手を止める。

「なんでーー」

悲しい声で言うと

「まだイったらダメ」

そう言って寸止めされる。

そこから何回寸止めされただろうか。

もう少し触られただけでイきそうになる。

そんな姿を楽しむかのように店長は責めては止めてを繰り返す。

そして私はイくのを我慢させられてるせいか大量に吹いてしまった。

はぁはぁ息が荒くなる。

そんな私を見て店長は

「またお漏らしして」

そんな事を言ってきた。

恥ずかしくなり枕で顔を隠した。

すると店長は

「お風呂に行こう」

そう言って私の手を取りお風呂へ行った。

お風呂には全身鏡があった。

それを見て店長は

「良いものがあるね。」

そう言ってニヤリとしてた。

まずは私のまんこにシャワーを当てられて綺麗に洗われる。

店長にこんな風に洗われてる姿が鏡に映り恥ずかしくなる。

それを見て店長は私に

「ほら。ナナの大好きなやつ。咥えて舐めて。」

そう言ってしゃがんで跪くように指示され私は店長の大きくなったモノにしゃぶり付いた。

鏡の前で跪いてご奉仕する自分の姿…

一気に恥ずかしさが増してきた。

しばらく舐め続けてると店長は私の頭を押さえてもっと奥に突っ込む。

「うっ…」ってなり涙目で顔を上げ店長の方を見る。

そんな私を見て店長は

「良い顔だ。」

そう言って顔を撫でてきた。

そこからしばらくご奉仕すると店長は

「今日は一緒に同時にイこうね。」

そう言って私に立つように指示して全身鏡の前で立ちバッグの状態になる。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 店長の大きくなったモノを手コキとフェラでご奉仕。必死に舐...

  2. 「電マ…これ自分で使うの?」そう聞くと店長は「もちろ...

  1. まんこを触られる前にお尻を撫でられる。さっき嫌ってほど叩...

  2. 店長は私に壁に手を付くように指示する。言われた通りにする...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/23 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3