ブログランキング26

いつまでも一緒に

旦那がご主人様に・・・ ご主人様好みの奴隷になっていく私

  • 記事数 444
  • 読者 522
  • 昨日のアクセス数 9008

未知なる体験7

しおりをはさむ

2018/01/22 21:36:24

  • 17
  • 0

旦那は今日も残業で、10時頃帰ってくる予定です
休み中の調教、忘れないうちに書きたいのですが、なかなか進まず、言葉尻とか忘れつつあります
でも、あったことを書きたいと思っていまする

気長に付き合っていただければ嬉しいです

昨日は夕方から、普通の夫婦のラブラブタイムになってしまったのですが・・・
思わぬ方向へと進んでしまいました

最近、ご主人様と奴隷の関係になった私たち
凄く疑問に思ってたことを、ラブラブタイムの後に聞いてみました

答えを聞いた私は旦那にわがままをいっちゃいました
この話は、未知なる体験が終わったら書いていきます

それでは、話に戻ります

✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✴✨✨✨✨

私は鞭が落ちるたびに悶える
痛みに耐えられず悲鳴が・・・
「イタイ・・・ やめてーーーーー」

私は懇願した
「ご主人様、許してください。奴隷として何でも聞きます。だから、ここから外してください」

拘束をときながら
「ちーは、本当に残念な奴だよ。鞭に耐えたらご褒美をあげようと思っていたのに」

「ご主人様・・・」

「そんな目で見つめてもダメだからな」

「はい」

「こっちにこい」
リードを引っ張られついていた

ご主人様は上を見て
「これから何が始まるかわかるよな❓」

「はい」

「ちーが初めて俺にいじめてほしいって言った時、お前は縛られたり、吊るされたい。恥ずかしい格好わ見られながら、たくさん言葉責めされたいって言ったよな」

「はい」

「ちーの望み通りのことしてやるからな」

ご主人様は天井から縄を垂らした
その後、私のアナルとオマンコにバイブ挿れ、縛った

いつもと違うのは
いつもよりきつく亀甲縛りが行われた
そして、もう一本の縄を使って、手と足も体と一緒に縛った
もう自由に動かすことができない

私の体に食い込んでいる縄に、天井から垂らした縄を通す
少しずつ自分がどうなって行くのかがわかった

少し怖いような気もしたけど
ご主人様なら大丈夫だと思った
心から経験あるご主人様で良かったと思った

そして吊るされた私
縛られ、吊るされていると思うだけでオマンコが濡れた

縄がしっかり食い込み痛い、動くと痛みが・・・

それなのにご主人様は鞭と蝋燭を交互に落とす
「あーーー ご主人様ーー」

「ちー、吊るされた感想は❓」

「嬉しいです。ご主人様にしていただけて・・・」

「お前の厭らしくて、真っ赤に染まった綺麗な体を写真に残しておかないとね」

ご主人様はカメラを持ち、撮っていた

「ちー、本当はおろしたくないよ。いつまでも眺めていたいけど、初めてだから・・・」

ご主人様は私をおろしながら
「ちー、また吊るされたいと思うか❓」

「はい」

「ちー、俺はお前を縛り、吊るした後は、眺めたり、痛めつけたりするよ」

ご主人様の言葉にゾクゾクとした

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/25 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3