ブログランキング9

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 625
  • 読者 1257
  • 昨日のアクセス数 15558

調教の成果【2】

しおりをはさむ

2018/01/17 01:08:21

  • 30

おねだりをすると店長はベルトを外し大きくなったモノを出し

「ほら、咥えて」

そう言って私の口に押し込む。

「んっ…」

完全に口を塞がれ、ズボズボ吸ったり、ペロペロ舐めたりした。

「うまいか?」

そう言われ「はい。」と答える。

どれくらい舐め続けただろうか…

私は挿れて欲しくてたまらなかった。

「ナナのビショビショのおまんこにこのおちんちん挿れて欲しいです…」

自らちゃんとお願いとおねだりをした。

すると店長は

「ほら立って。そこのテーブルに手をついて。」

そう言われテーブルに手をつく。

立ちバックだ。

腰をグイッと上げられて店長のモノが私のビショビショのまんこに入る。

「んっ、あっ…。」

店長は動いてないのに挿れられた瞬間に腰が勝手に動いてしまう。

「勝手に腰動かして本当変態な子だな。」

そう言ってお尻を叩かれた。

「突いて下さい。お願いします。」

勝手に言葉が出てくる。

「どこ突かれたいんだ?」

「もっと奥。ナナのまんこのもっと奥を激しく突いて下さい。」

無意識のうちにおねだりの言葉が出てくる。

そんな私を見て店長も激しく突いてくる。

ゴムも付けてなく、避妊されてないのに快楽だけを得たいが為に私は行為を続ける。

少しすると店長が

「イきそう。外に出すから。」

そう言って私のまんこからモノを抜く。

私は「待って!」

そう言ってイく瞬間に店長のモノを咥えてズボズボした。

そして私の口に出された。

それを飲み込むと店長は

「どこでそんな事覚えて来たの?」

そう言いながら私の頭を撫でた。

ヒロくんに教わったやり方で店長をご奉仕した。

罪悪感もあったけど、それ以上にご褒美をもらえた、褒めてもらえた、そう言う嬉しさでいっぱいだった。

「今度はちゃんとホテルでやろーな。」

店長はそう言ってくれて、私は凄く満足だった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. まんこに電マが当てられた。「あっ、んんっ…あんっ、あんっ...

  2. まんこを触られる前にお尻を撫でられる。さっき嫌ってほど叩...

  1. 店長の大きくなったモノを手コキとフェラでご奉仕。必死に舐...

  2. 店長は私に壁に手を付くように指示する。言われた通りにする...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3