ブログランキング12

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 563
  • 読者 1116
  • 昨日のアクセス数 15077

2018/01/16 15:50:56

  • 27

みんなが上がり少しの間沈黙が続く。

最初に口を開いたのは店長だった。

「どう、今の気分は?」

そう聞いてきた。

「恥ずかしい…。なのにもうアソコはビショビショです…」

そう言うと店長は

「アソコって?」

分かり切った事を敢えて聞いてきた。

「おまんこ…」

そう答えると

「ナナのまんこはすぐに感じちゃうエロエロまんこだね。笑」

笑いながらそう言ってきた。

「なんですかそれ。笑」

笑いながら返した。

その時私は疑問に思い店長に聞いて見た。

「あの…店長…」

「んー何?」

「私はこうやってすぐに濡れて感じちゃって下心でいっぱいになっちゃうのに、店長は何でもないって事ないですよね?大きくなったモノ挿れたいとか出したいって思わないんですか?」

そう聞いた。

すると店長は

「それ前も言ってなかった?だから、やるだけが目的じゃないから。そりゃ俺だって男だし抜けるなら抜きたいさ。でもナナにお預けしてる以上俺だけ抜くわけにはいかんでしょ?でもナナは中々お利口さんに言う事聞かないからお仕置きばっかり増えてるでしょ。そろそろご褒美もらえるようにお利口さんのお口になりなさい。そうすればナナだって俺だって更に気持ち良くなれるでしょ。」

そう言われた。

内心はやらなきゃとか次にこうしなきゃって思うのに中々思うように動けないんだもん…。

だけど、店長も我慢してるんだ。

いや、私のせいで我慢させちゃってるのかも…

この時私は今日はちゃんと自らクリップを外して下さいってお願いしよう。

ちゃんと自分で服を脱いで今まで躾けられた事をちゃんとやろうって思った。

そうしたら、やっとご褒美がもらえるかもしれない。

私はそんな気持ちでいっぱいになり、早く仕事終わらないかなって言う下心で頭の中はいっぱいいっぱいだった。

その後少しお客さんが途切れなくてバタバタしてた。

気付けば時間は閉店時間に。

忙しいと時間が経つのが早いなぁ…。

そう思いながら片付けを始める。

閉店作業を終えた私と店長はバックヤードへ。

よっ、よし…。ちゃんとやらなきゃ…。

店長が着替える後ろで私は制服を脱ぎ始めた。

店長は私が服を脱いでる事に気付いてない様子だった。

全裸になり私は店長に向かって

「て、店長。ナナの乳首とクリに付いたクリップ外して下さい。」

そういうと店長は少し驚きながらこっちを振り返った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 01/23

    まずは上から脱がされる。「て、店長。自分で脱げます…」...

  2. 疑問

    01/14

    店長のすぐ横に立つ。店長はまず乳首のクリップを外した。...

  1. そして優しいキスをした。「んっ…」さっきとは別人過ぎ...

  2. 渡されたクリップを受け取り私は自分で洗濯バサミからクリップに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3