ブログランキング10

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 652
  • 読者 1293
  • 昨日のアクセス数 15601

追加のお仕置き【2】

しおりをはさむ

2018/01/16 14:40:03

  • 25
  • 0

店長の指に付いた自分の愛液を綺麗にすると今度はクリップを取り出す。

やっぱりか…と言うような顔をすると店長は

「本当はみんなが帰ってから付けさせようと思ったけど今日はいつもより厳しめの罰だから。残りの時間クリップ付けて過ごしなさい。変な動きするとみんなにバレちゃうからね。」

そう言いながら私にクリップを渡してくる。

そんな…みんながいる前でこれ付けて過ごすなん…。

今にも泣きそうになる。

そんな私を見て店長は

「ほら、早く付けないと誰か来ちゃうよ。」

そう言ってくる。

もう逆らえないしこれ以上お仕置きが増えるなんて嫌だ。

そう思いクリップを持ってトイレへ向かおうとすると店長は

「んっ?ナナどこ行くの?」

店長のその言葉に「えっ?」って言って振り返る。

「ここで付けなさい。見ててあげるから。」

そんなぁ…

気付けば涙が流れてた。

「それとも俺が付けてあげようか?だけどその時はこの程度の調教じゃ済まなくなるよ?」

そう言われ私は店長の方にゆっくり歩き店長の前でクリップを付けた。

まずは、乳首に。

ギンギンに立った乳首に与えられる刺激が余計に興奮させる。

両乳首に付け終わり今度はクリへ。

少し足を開き片手でアソコの割れ目を開く。

もう片方の手でぷっくりとしたクリにクリップを挟む。

「あっ…」

思わず声が漏れた。

そんな私を見て店長は

「はい、じゃあ服着て。」

そう言われて服を着た。

「ほら、鏡見て顔綺麗にしておいで。そんな泣きっ面でみんなの前出たら俺がナナのこと虐めてたみたいになるでしょ。」店長はそんな事を言っていた。

虐めてたくせに…。

そう思いながら私は鏡で自分の顔を見て涙を拭いたりしてた。

店長は先に厨房に戻って何食わぬ顔で仕事をしてた。

私も戻るとみんなに「ナナちゃんおかえりー」そう言われた。

怪しまれない為にも私は

「はい。パソコンって難しいですね。メモ取るのでいっぱいいっぱいでした。」

そう言って如何にもパソコンを教わってましたみたいな口ぶりで私も仕事に戻った。

みんなが上がるまで残り30分ほど。

私は乳首とクリにクリップを付け引き続き店長に触られながらの調教を受けながらその場をやり過ごした。

21時になり3人のパートさんが上がって行く。

店で店長と2人きりになった私はまた何かされるんじゃないかと期待半分、不安半分な気持ちでいっぱいいっぱいだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 21時になりパートさんが上がって行った。店は私と店長2人...

  2. 翌日私はいつも通り家の事を終えて、言われた通りノーブラ、ノー...

  1. よし、ちゃんと言えた…。だけど、この沈黙がどうして良いか...

  2. 追加

    01/26

    ズボンを脱ぐと店長は「ほら足開いて」そう言って内もも...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/17 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3