ブログランキング9

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 625
  • 読者 1257
  • 昨日のアクセス数 15558

追加のお仕置き【1】

しおりをはさむ

2018/01/16 14:39:55

  • 22

バックヤードに着くと店長は私にパソコン業務を教えた。

あっ、本当にパソコン教えてくれるんだって少しホッとしながらメモを取り色々教えてもらった。

15分くらい経った頃にメモが終わり

「とりあえずパソコン業務はこんな感じな。」

そう言われ説明が終わった。

「わかりました。じゃあ、もう厨房戻って良いですか?」

そう言うと店長はトーンを下げて

「あれ?俺の言った事忘れたかな?」

忘れる訳がない…だけどもしかしたら逃れられるかもって気持ちで言ってみただけだ…

黙ってると店長は

「今日人数いるからどうするって言ったっけ?」

そう聞かれ

「えっと…途中で濡れてるからチェックするって…」

モジモジしながら答えると

「そうだねー。分かってるのに今逃げようとしたよね?」

図星過ぎて何も言えない。

「更にお仕置き追加だね。」

そう言われ下を向いて動けなくなった。

「じゃあまず、ナナのまんこ濡れてるからチェックして下さい。って自分でお願いしな。」

そう言われビックリして顔を上げて首を横に振る。

「んっ?それは更にお仕置き追加希望かな?」

さっきとは変わり今度はにこやかにそう言われた。

「ちっ、違う!」

必死に抵抗する。すると店長は

「じゃあ、どうすれば良いか分かるでしょ?」

そう言われ小さい声で

「ナナのまんこ濡れてるかチェックして下さい…」

そう言った。なのに店長は

「聞こえない」そう言ってくる。

聞こえてるくせに…。

さっきより大きな声で

「ナナのまんこ濡れてるかチェックして下さい。」

そう言った。

すると店長はバックヤードの扉に鍵をかけ

「こっちにおいで」

そう言って私を自分の方に引き寄せる。

今はちょうどお客さんもいて、従業員が来る事はないだろうけど、念のために鍵をかけたのだろう。

ベルトを外されズボンを下されタイツも下ろされて下半身丸出しの状態だ…。

片手でお尻をわしづかみにされたり、撫で回されたり軽いスパンキングをされる。

もう片手はするなりと私のビショビショに濡れたまんこへ。

「あっあっ、んーっ…」

声を抑えようとすると余計に声が出る。

「あぁー、もうこんなに濡れてるよ。」

そう言われ「だってぇ…」ヘナヘナした声で腰を動かす。

「こら。腰動いてる。誰が気持ち良くなって良いって言った?」

そう言われ厨房まで聞こえるんじゃないかってくらいの強さでお尻を叩かれた。

「あっ、ごめんなさい…」

そう言うと店長は私のまんこから指を外し

「ほら、綺麗にして」

そう言って私の愛液が付いた指を私の口に入れてきた。

自分のを舐める事になるなんて…。

こんな屈辱的なの初めて…。

なのに、追加のお仕置きはまだまだ終わらない…。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 渡されたクリップを受け取り私は自分で洗濯バサミからクリップに...

  2. 01/23

    まずは上から脱がされる。「て、店長。自分で脱げます…」...

  1. 私が店長に「お店閉めちゃって大丈夫なんですか?」そう...

  2. 嫌な沈黙が続く。その時お客さんが来て2人して「いらっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/22 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3