ブログランキング10

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 651
  • 読者 1293
  • 昨日のアクセス数 15601

2018/01/14 16:07:43

  • 28
  • 0

ドライブする事になりひろくんの運転で近所を走る。

会話はファミレスの時同様世間話をしてた。

しばらく走り辺りを見渡すと街灯がどんどん少ない道を走ってる事に気付く。

「ひろくん周りすごい暗いですけど、どこ走ってるの?笑」

笑いながら聞いてみる。

するとひろくんは、

「特に意味はないけど、ナナ今変な事想像してるやろ?」

出来ないって伝えてあるから100%下心か?と聞かれればそう言うわけでもない。

「いや、そう言うわけじゃ…」

言葉に詰まる。

そこから少し走るとひろくんはどこかの駐車場に車を止める。

車から降りて助手席の方に向かってくる。

「ナナちょっと降りて。」

そう言われ降りると助手席のシートを目一杯後ろに下げだした。

そこにひろくんが座り私は足元の方にしゃがんでと指示される。

言われた通りにするとひろくんはまるでペットを撫でるかのように頭や首回りを優しく撫でる。

「ひろくん?」

名前を呼ぶとひろくんは

「今日はナナにいっぱいご奉仕してもらおうかな。ナナはヤれないからお・あ・ず・け♡ね。」

おあずけ…

そんなの嫌だ。と思い抗議しようとするとひろくんは

「ほら、ナナが自分で俺の大きくなったモノ出して舐めさせてください。っておねだりして。」そう言われ

「えぇー。」

本気で嫌がってみた。笑

するとひろくんは

「じゃあこれから会っても可愛がってあげないよ?笑。ドMなナナちゃんにそんなの耐えられるのかな?笑」

そんな風に言ってきた。

少し間が出来るとひろくんは

「ほら。」

優しく自分のモノの前に私の顔を持ってくる。

もうここまできたら後戻り出来ない。

そう思い私は自分でひろくんのズボンとパンツを脱がしひろくんの大きくなったモノにしゃぶり付く。

舐めたり吸ったりしてるとひろくんは

「ナナは良い子だね。次はいつも以上に可愛がってあげるからね。」

そう言われ頭を撫でられる。

しばらく舐め続けるとひろくんは

私と頭を掴み激しく動かす。

「んっんっんっ…」

それしか声は出ずひろくんに操られるがままに吸い続けるとひろくんが

「あっ、イく。」

そう言ってこの日は私の口に出した。

はぁはぁ言いながらティッシュを差し出してくる。

いらないと首を横に振り私はひろくんのモノを飲み込んだ。

そんな私を見てひろくんは

「飲んだの?本当にエロいな〜」

そう言いながら笑ってた。

当時の事を思い返すと私は本当に快楽を得るがままにしか行動できなかったんだなと思う。

店長が体調を心配して早上がりにしてくれたのに別の男をご奉仕してそれを飲んでるなんて知ったらショックだろうな。

もちろんそんな事は口が裂けても言わないけどこの時の私は本当に汚れてたな…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. スイッチをOFF『なにしてんの?行くよ』何事も...

  2. 仕事が終わり、会社を出るじかんになった。目の前に止まってい...

  1. りょうちゃんが運転する車は大きな道路を走った。きっと夜景...

  2. 伊藤くん54

    2017/07/19

    [何の車乗ってるの?] [黒のワーゲンのゴルフ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/17 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3