ブログランキング14

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 568
  • 読者 1123
  • 昨日のアクセス数 13536

未知の世界【2】

しおりをはさむ

2018/01/13 11:26:22

  • 21

店長のモノが私の目の前に。

大きさはヒロくんとゆうやくんの間くらい。

サイズは色々だけど、多分よくありがちな大きさだと思う。

大きくなった店長のモノにしゃぶり付く。

手コキをしながら軽く舐めたり、吸い付くように舐めたりしてた。

すると店長はそんな私を見て

「上手だね。その口で何人をご奉仕してきたの?」

そう聞かれ

「覚えてない…。」

そう答えるが頭に浮かぶのはゆうやくんとひろくんだった。

しばらく舐め続けてると店長が少し身体を起こして私のカチカチになった乳首にさっきのクリップを付けてきた。

「あぁん、痛い…」

いきなりの刺激で思わず身体がくねる。

「痛いの好きなんでしょ?」

店長はそう言いながらもう片方の乳首にもクリップを付ける。

「んんんっ‼︎あぁん…」

舐める口も止まってしまう。

「誰が舐めるの辞めて良いって言った?」

そう言われ慌てて舐めるのを始めるが時既に遅し。

店長が低い声のトーンで

「ご奉仕勝手に辞めるなんて躾がなってないね。これからはナナちゃんが良い子に何でも言う事聞けるように躾てあげるからね。ほら、勝手にご奉仕辞めた罰を与えるから寝っ転がって」

店長に言われるがままに寝っ転がる。

仰向けになる状態で両足を掴まれて上に上げられる。

一番分かりやすいのがオムツ替えの体勢。

クリップを付けられたアソコが店長に丸見えの状態だった。

片手で足首を抑えられてもう片方の手で思いっきりお尻を叩かれる。

1発で体勢を崩してしまうくらいハードなスパンキングだった。

「いっ…」思わず声が出そうになる。

そんなのお構い無しに続くスパンキングの嵐。

お尻が赤くなって来た所で叩く手はお尻を撫で回してた。

後半から体勢に耐えれなくて気付けば崩した四つん這いのような体勢になってた。

「ほら、もう一回ちゃんと舐めて」

真っ赤になったお尻を丸出しにしてご奉仕のやり直しをさせられる。

最初の時より少し大きくなった気がする店長のモノを口が疲れるまで舐め回した。

そして

「もう挿れて欲しいです。」

おねだりすると店長は「おいで」

そう言って正常位の体勢になる。

両乳首、クリにクリップを付けたままだから変な刺激を感じながら店長のモノが中に入る。

「あぁ…んっ」

声を漏らす。

店長が突く度にクリのクリップが刺激されて痛みに変わる。

突かれて気持ち良いのにその反面突かれる度に痛みを感じる。

それがたまらなく快感で店長がイく前から頭の中は真っ白になってた。

店長の「イく」って言葉も頭に入らないくらいこの日は新たな快感を得ることができた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 店長の大きくなったモノを手コキとフェラでご奉仕。必死に舐...

  2. 店長のモノが顔の目の前にきてしゃぶりつく。ズボズボ吸った...

  1. おねだりをすると店長はベルトを外し大きくなったモノを出し...

  2. 大きくなった店長のモノを咥える。そして、必死に舐めた。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/25 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 仕事に行くフリして働かない夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3