ブログランキング17

あの頃の私と彼…の物語

大好きな彼とのお話⑅︎◡̈︎* 大学編➡︎社会人遠距離編へ

  • 記事数 610
  • 読者 1295
  • 昨日のアクセス数 11433

406.その足で実家に

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2018/01/12 17:32:03

  • 205
  • 6

地元駅に着くと
リクは

「疲れたし…タクシー乗ろっか?
時間的にも紗絵の実家に行くの
その方が早いやろ?」



「え?…
やっぱり行くん?
私の実家…( ・᷄-・᷅ )」


嫌な予感がする…


「うん!行きしに言ってたやん?
会って御礼言いたいしな…

あれ?紗絵そんな疲れた?
てか…気乗りしないんか?」


私の顔色を様子見た


「…うん
絶対、お母さん聞いてくるもん💧」


私の肩を抱き寄せ
リクは笑って

「大丈夫やって!
俺が上手くかわす(笑)

俺から折を見て話したら良い事や…
紗絵は、横でニコニコ笑ってたら
それでかまへん!

上手くやるから、心配すな!♬」


それでも
私のせいで…と思うと
地元に帰ってきたら

余計に…リクに対して
申し訳なかったと思う気持ちが強くなって


気を抜くとタクシーの中でも
泣きそうになったりした…



そして、実家へ到着した

まずお店の方に顔を出すと
父が満面の笑みでお客さんを接客してた

今の私には父の笑顔が眩しかった…💧


心の中で…

お父さん、
私…やらかしてしまったよぉ(ノ_<。)


そう呟いた…。

同じテーマの記事

コメント6

しおりをはさむ

  1. 紗絵さん(81歳)ID:6650680・01/13

    ユメさん♡
    そう言ってくれて
    当時の私も救われる思いだよ❣️

    リクも自分の携帯に
    後妻さんが電話して来た時点で
    もう引いてたの🤯

    これでもう偽らなくて済むわ!と
    私を気遣って言ってくれてたんだけどね…

    だから、ユメさんのコメントを読んで
    やっぱりそうよな…うん!って
    ユメさんと他の皆さんに励まされたわ✨ありがとう💖

  2. ユメさん(102歳)ID:6650607・01/13

    紗絵さん。
    相手が相手だからそんな風に思わなくていいのに。
    リク君だっていずれは本性がわかって遅かれ今の状態になったよ。
    そんなに自分を責めることないよ😊
    逆に良く言ったって思ったもん。
    リク君の選択は間違いない😊

  3. 紗絵さん(81歳)ID:6650504・01/12

    ミランダさん♡
    こんばんは♬

    うん…話せば分かる母なら
    良かったんやけど😥
    ウチの母ってキョーレツなのよ💦😱
    この後、リクの家どころじゃ無い
    我が家の恥を晒すことになるかも(*≧︎Δ≦︎)

もっと見る

関連するブログ記事

  1. リクと二人で先に住居スペースに行きリビングでお茶を飲み...

  2. 隼人が海外に行く前に1週間ほどお休みがもらえるってことだった...

  1. 父は、私とリクの姿を見ると満面の笑みで迎えてくれた…...

  2. 病室の最終確認を私がしたため、私と娘が最後に実家に到着しま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/20 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3