ブログランキング12

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 566
  • 読者 1127
  • 昨日のアクセス数 13022

新しい仕事

しおりをはさむ

2018/01/11 10:19:05

  • 21

仕事を転職することになった。

新たな仕事先も飲食店。

面接時に店長と話をしたんだけど当時29歳で割と若い店長だった。

既婚者で2人の子持ちだった。

普通に面接をしてたんだけど、面接とは思えない程の緊張さの無さ、フレンドリーに話しかけてきてくれてここでなら働きやすいかも。

そう思いながら初出勤の日取りまで決めて店を後にした。

慣れない仕事で忙しくなりそうだから、私は初出勤までの短期間の間毎日のように一人エッチをして、ひろくんと会える時は会ってsexをしてた。

そして初出勤の日。

私は夕方から閉店までの勤務をした。

閉店まで店長もいたんだけど、この店長私に対して何かを察したのか初日とは思えない言動を次々としてきた。

店を片付けて帰る準備をしてると

「ねぇねぇ、ナナちゃん。お願いがあるんだけど。」

そう言われて

「何ですか?」そう答えると

「俺さ、今日帰りの足が無くてさ、駅まで送ってくれないかなぁ?」って。

少し驚いたけど

「良いですよ。」

そう一言言って2人で私の車に乗り込んだ。

その時の会話は今でもしっかり覚えてる。

車を走らせて少しすると

「初出勤どうだった?」

そう聞かれて社交辞令のように他愛のない話をしてた。

仕事の話しが一区切りつくと今度は

「ナナちゃんは下ネタとか平気?」

そう聞かれた。

いきなりぶっ飛んだ質問をされて最初は苦笑いしてたけど続けて店長が

「なんか女の子は下ネタ嫌いな子多いイメージだけど、ナナちゃんは平気そうな感じするから聞いてみたんだよね。」

そう言われて

「別に嫌いじゃないし苦手でもないですけど、いきなり過ぎてビックリしてます。」

そう答えた。

すると店長は

「色々聞いて良い?」

そう言われ色々濃い話を聞かされ、言わされた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 秘密

    01/20

    固まって動けなくなる私を見て大岩くんは「ナナちゃんどーし...

  2. 私と店長は地元から少し離れたラブホテルに来た。部屋に入る...

  1. 想い

    01/12

    メールに書いてあった通り店長はすぐに迎えに来てくれた。私...

  2. その後急いで制服に着替えて厨房に向かう。「おはようござい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/24 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3