ブログランキング8

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 536
  • 読者 1034
  • 昨日のアクセス数 25960

ふしだらな生活

しおりをはさむ

2018/01/10 16:21:19

  • 19

いろんな欲を満たしたい私は自らひろくんに連絡した日を境に凄くふしだらな生活を送る事になる。

ゆうやくんやひろくんと会わない日は一人で快楽な時間を過ごす。

夜勤明けのゆうやくんの家に朝から行き朝sexをする。

昼間にオナニーをして、その日の夜はひろくんと会ってsexをする。

丸一日快楽に浸る日もよくあった。

だけどそんな私のふしだらな生活を神様は見過ごさなかったんだと思う。

ある日の事。

私は友達と出掛ける約束をしてたんだけど友達が寝坊をして遅れるとの事。

電車を乗り継いで来る子だったから2時間くらい遅れるってなり、どっかカフェにでも行き一人時間潰そうかなって思ってた時一件のメールが。

ゆうやくんだった。

「夜勤終わった。今から少し飲んで寝るけど来る?」って朝から誘いが。

迷う事なく「行く♡」

そう返事した。

この日は暑い夏の日で、ワンピースを着てた。

ゆうやくんの家に着くとゆうやくんは私を見るなり

「今日はえらいオシャレね。この後どっか行くと?」

そう聞いてきた。

「うん。友達とランチ。だけど寝坊して遅れるって言うから暇してたんだ。」

そうやって言うとゆうやくんは

「普段から俺と会う時もそれくらいオシャレして来い。」

笑いながらそう言ってきた。

この日は予定があるから私は飲まずゆうやくんだけ飲んでた。

しばらくするとゆうやくんが

「寝るか。時間大丈夫?」

そう聞かれて

「まだ平気だよ」そう答えると

「隣においで」そう言われて私はゆうやくんにくっつくように隣に転がった。

顎をグイッとされてキスされる。

「お酒くさい。笑」

そう言うと「うるさいわ」

そう言われて胸を揉まれる。

いつもは電気が消えてる部屋だけどこの日は朝だから明るい。

「出掛ける前にこんな事してやらしい子」

そう言われ胸を触ってた手は一気に下にいき下着の中に手が入る。

「エッチなナナのまんこどうなってるの?」

そう聞かれ

「言わなくても分かるじゃんか」

手マンされながら必死にそう言うと

「自分でどうなってるか言いな」

こんな事を言われモジモジしてるともう片方の手で乳首を強く抓られる。

「言えないの?言わないとずっとこのままだよ?」

そんな意地悪なセリフに背中がゾクゾクするように熱くなる。

「もう私のまんこビショビショなの。早くゆうやくんの大きいのが欲しい。」

そう言うとゆうやくんはニヤリと笑い

「ほら舐めて」

そう言われて必死にゆうやくんのモノにシャブりついた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3