人生一度きり…だから楽しく🎵

  • 記事数 29
  • 読者 11
  • 昨日のアクセス数 3

2018/01/09 17:38:54

  • 2

私は、あまり騎乗位が得意ではない。

気持ちがいいんどけど、上手く動けないし、脚が疲れてしまう。

少しして、私をベッドに寝かせて、正常位でトモのおちんちんが、私のオマンコにズブリと入って来た。

私「はぁ~ん」

ゆっくりトモが動き出して、私はただただ喘ぐことしか出来ない…

だんだん動きが速くなり、私の脚をトモの肩に掛ける格好で、奥深くまでトモのおちんちんが入って来て、子宮口を突いて来る。

私「あっ、ダメ、奥に当たる…」

そんな言葉を聞いて、トモの動きは益々速くなるばかり。

トモ「マイちゃんのオマンコ締まる」

私「もう無理…」

トモは動きを止める気配は無い…

動きを止めたかと思ったら、私をうつ伏せにしてバックの体勢にさせて、ガンガン突いて来る。

少し激しすぎて、子宮口が痛い。

でも、この痛気持ちいい感じを必死に耐えた。

どれくらい繋がっていたのだろう…

たぶん、ベッドで30分はトモに突かれ続けた。

ようやく、トモはイクモードに。

トモ「はっ、はっ、マイちゃん、イキそう」

私「いいよ、イって」

トモ「イクよ、あっ、イク…」

ようやく、トモが果てた。

私、こんなに激しいSEX初めてだった…

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. タケルが腰を揺らし始め最初は痛みしかなかったのがだんだん...

  2. 真人の上に重なると、いつ脱いだのか下は何も履いてない状態 笑...

  1. あの出来事を忘れたいのもありいつも以上にタケルを求めた...

  2. 擦っているタケル自身が勢いよくいれられる「はぁ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/16 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3