ブログランキング8

ナナのsex記録

私が体験したsex記録。 誰にも話せない性癖の話し。 時々恋愛話しも…。

  • 記事数 536
  • 読者 1034
  • 昨日のアクセス数 25960

2018/01/08 20:38:59

  • 20

そこから数日私は仕事が忙しい時期でゆうやくんにもなかなか会えずバタついてた。

たまの休みの日はゆうやくんが夜勤とかで会えずすれ違いに。

その間私は毎日のように一人で抑えきれない性欲満たしてた。

そんなある日、外仕事をしてた私は雨で急遽仕事が休みに。

暇だなーって思って携帯を触ってると一件のメールが。

ひろくんだった。

「何してるの?」って。

こんな昼間からメールなんて珍しい。

「急遽仕事休みになって家にいる」

そう返すとすぐに返信があった。

「あっ、マジ?俺も休み。遊ぼー」って。

迷いに迷って返事を返さずにいると続けて

「迎えに行くよー」ってメールが届いた。

家とか知られたくないしな。

そう思い

「んー、会うなら自分で近くまで行くよ。何が近い?」

そう返信して色々目印を教えてもらった。

なんだか成り行きでひろくんと会うことに。

罪悪感半分、期待半分の気持ちで私は支度をして待ち合わせ場所に向かった。

同じ市内だけあって待ち合わせ場所にはすぐに着いた。

到着して間もなく隣に一台の車が止まった。

目が合い向こうがニコッて。

あっ、写真の人だ。そう思ってると手招きしてこっちにおいで。って。

助手席に乗るとひろくんは

「初めまして」って。

なぜか急に人見知りが発動した私は若干下を向きながら

「初めまして…」って。

そう言うとひろくんは

「えっ?何?照れてんの?笑」って笑いながら言った。

思った通りチャラいなって思いながら

「一応初対面だしね。」素っ気なく答えるとひろくんは笑いながら「ツンデレか」そう言いながら適当に車を走らせてくれた。

しばらく走りいろんな話をしてるとひろくんとは何かと共通点が多かった。

いい時間走るとひろくんは

「この後どうする?」って。

正直迷ってると続けてひろくんが

「うちに来る?」って。

普通の会話の最中でもたまにするひろくんの笑みは私には意地悪なS笑いにしか見えなかった。

そんな一面を見ると私はその笑顔にいじめられてみたいと言う気持ちでいっぱいだった。

うちにくる?その言葉に黙って頷き私は初めて会ったひろくんの家に行く事になった。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3