ブログランキング26

いつまでも一緒に

旦那がご主人様に・・・ ご主人様好みの奴隷になっていく私

  • 記事数 445
  • 読者 522
  • 昨日のアクセス数 9008

我慢・・・

しおりをはさむ

2018/01/02 05:33:46

  • 22
  • 0

目隠しされ、全く見えず不安になる
ご主人様は側にいないような気がした

放置されたままでドキドキした
私は感じながらご主人様の次のアクションを待った

気配を感じたと思ったら、急に指でアナルを拡げられた
少しだけ物が入り、ぬるい液が勢い良く注がれた
「あー ご主人様ー ありがとうございます」

いつものように液が入り、言葉責めを受けるのかと思ったら違った
液が入り続ける
ようやくとまったと思ったら、ご主人様にお尻を叩かれた

「厭らしいケツだなー 今日はもっと入れてあげるからな」

目隠しが外され、カラの注射器を見せられた
少しずつお腹が痛くなってきた
「ご主人様、お腹が痛いです トイレに・・・」
お尻を叩かれた

「お願いしてもダメなのわかってるだろ 我慢しろ」

また注射器の先端が私のアナルに入った
今度はゆっくりゆっくり液が注がれていく

「ご主人様ー 早く入れてー」

「そんなに浣腸液を入れられるのが嬉しいのか❓ 長い時間楽しめるようにゆっくり入れてやるよ」

「違います。お腹がいたくて・・・ 漏れちゃうーーー 早くしてーーー」
お尻を叩かれた

「言葉遣いに気をつけろ」

「ご主人様、ごめんなさい」

「言葉遣いが悪いバツだよ。もう一本追加だからな」

全部で600の量が・・・入るなんて無理
でも、返事はしなければならない

「はい わかりました」

「どこまで我慢できるか楽しみだな」
ご主人様はまた注入を始めた

「ご主人様、本当に許してください。漏れてしまいます」

「許すわけないだろ」

「もうダメー でちゃうーーーーーー」

注射器が抜かれ、アナルプラグ挿れられた

「このメス豚は我慢が足りないよ」
お尻を鞭で何度も打たれた

「あっ いたい・・・ ご主人様、ごめんなさい
お仕置き、嬉しいです ありがとうございます」

「この休み中に我慢を覚えてもらうからな。しっかり叩き込んでやるよ」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/25 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3