ブログランキング38

いつまでも一緒に

旦那がご主人様に・・・ ご主人様好みの奴隷になっていく私

  • 記事数 447
  • 読者 525
  • 昨日のアクセス数 5290

ようやく入った

しおりをはさむ

2017/12/31 05:40:12

  • 16
  • 0

昨夜は予想通りアナル調教
一歩前進できた私

奴隷になってから4回目のアナル調教❕ほぼ毎日
私は洗い場で四つん這いになり、ご主人様にお尻を突きだし
「ご主人様、変態メス豚奴隷の汚いアナルを浣腸液で綺麗にしてください」

お尻を叩かれた
「違うだろ。ケツの穴だろ」

「ご主人様、すみません。変態メス豚奴隷の汚いケツの穴を浣腸液で綺麗にしてください」

「忘れるなよ。ケツの穴だからな」

「はい」

ご主人様は注射器をもち、私に見せつけるように液を吸い上げる
私はその行為だけで感じてしまい、体がムズムズして黙っていられない
ご主人様は私のお尻を叩き
「動くな。入れるぞ」

ご主人様の浣腸の仕方
最初に勢いよく結構な量を入れる
注射器を抜き、液の注入をストップする
抜いた注射器をみせたり、言葉責めをしたりして私のお腹が痛くなるのを待つ
お腹が痛くなり始めると時間をかけ、少量ずつ入れる
注入が終わるとアナルプラグを挿れられて我慢させられる

昨夜はアナルプラグを挿れられた後、イラマチオをされた
いつものように我慢する私
ヨダレをたらしながら旦那が逝くのを待つ

私がイラマチオを好きな理由は
支配されている喜びを感じることができるからです

ご主人様は私の苦しそうな顔を見ると興奮する
だから無理やりでもする

双方立場が違うけど同じ状況で興奮する
旦那がドSなら私はドMです

四つん這いのまま排泄
勢いよく出て、壁に飛び散る
「ご主人様ー 恥ずかしいです」

恥ずかしいのに感じてる私
髪の毛を捕まれ
「お前に感情を話す権利はない」

「ごめんなさい」

二人で片付けた。
終わるとご主人様はコンドームつけた
「壁に手をつけ」

壁に手をつけると私の腰を掴みアナルに挿れてきた
毎日の調教で少しずつ入るようになってきた
でも痛い
「うっ はぁっー いたいーー 今日は全部挿れられるようにします あーーー ゆっくりいれてーーーくださいーーーー お願いします」

私は奴隷として頑張りたかった
ご主人様が望むこと全部ができる奴隷になりたい

ご主人様は私の中に全て挿れた
「あっーーーーーーー いたいーーーーーー」

「厭らしいメス豚だな。全部くわえたよ。お前のそのアホズラ❕ 鏡で見てみろよ」
顔を押さえつけられ鏡を見せつけられた
苦痛で歪んだ顔❕ 酷すぎる
でも、ご主人様が動くたびに声が・・・ 痛がっているのに喘ぎが・・・

「締まりのいい ケツの穴だよ。感じてるのか❓」

「あっーん いたいーーー」

「そろそろ逝くぞ」
ご主人様は何度も腰をうちつけながら逝った

ご主人様のあれが抜けたアナルは
「本当にお前は厭らしいよ。ケツの穴、大きな口開けてヒクヒクしてるよ」

「調教ありがとうございます」

ご主人様は後ろから抱きしめ
「ようやく全部、入るようになったな。偉かったぞ。拡張するためにこれからも毎日するからな」

「よろしくお願いいたします」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/27 編集部Pick up!!

  1. 仕事に行くフリして働かない夫
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3