ブログランキング27

いつまでも一緒に

旦那がご主人様に・・・ ご主人様好みの奴隷になっていく私

  • 記事数 441
  • 読者 522
  • 昨日のアクセス数 8956

使いたい部屋

しおりをはさむ

2017/12/29 18:17:11

  • 20
  • 0

昨夜、調教が終わった後に旦那は
「俺、色々と思いがあるんだけど聞いてもらって良いかなー」

「うん。大丈夫だよ」

旦那は話だした
空き部屋を調教に使いたいから、改造とまではいかないが俺の好きなように使わせてほしいと言うことだった

私は快く返事をした
その部屋は子ども部屋になる予定だった
二人欲しかったからそれなり大きく作り、間仕切りできるようにしてあった

年末年始休暇を使ってゆっくり準備していくそうです
日曜大工はお手のもの
家を建ててからま、細々棚を作ってくれた

欠点あげるなら、口下手なことぐらい
でも、ご主人様と奴隷の関係になってからはうるさいくらい話すようになった
私は嫌いじゃない
旦那との愛が深まったと思ってる

調教部屋の話の後
「ちー、俺がしてきた調教のことを色々と話してきただろ。でも、話せてないことがたくさんあるんだよ。隠すつもりがあったわけではないよ。ちーに嫌われると嫌だから話せなかったとか、言い忘れてたとか・・・なんだけど」

「心配しないで。もう大丈夫だから」

「しても良いってこと❓」

「うん。直ぐにできるかどうかわからないけど、奴隷としてできるようになる」

「ありがとう。嬉しいよ」

具体的な内容は話さなかった
これからどうなるのかを考えると私はドキドキして、厭らしい気分になった
ご主人様のあれがほしくて堪らない
私はご主人様の上に乗り、あそこをこすり付けた

「ご主人様、ごめんなさい。ご主人様のチンポが欲しいの。変態メス犬奴隷のマンコにぶちこんでください」

「許可もなく挿れようとするなんて、悪いメス犬だ」

私は半だちのあれをもって挿れた
私の中であっという間に硬くなった

「厭らしいマンコからヌチャヌチャって音がしてるよ。お前はどこまで淫乱なんだ」
お尻を叩かれた

「あっー マンコいいー ご主人様のチンポで突かれて感じる厭らしいマンコです あっっっーーーーーーーー いいーーーーーー マンコにたくさんザーメン出してくださいーーーーー」

「そんなに出して欲しいなら、出してやるよ」
ご主人様は激しく腰を動かして逝った

逝ったのにまだ大きいままのご主人様のあれ
また腰を動かし始めた

「お前は、そんなに俺のザーメン好きなのか❓ 毎日でも出してやるよ。マンコに中だしして孕ましてやろうか」

私はご主人様の上で冷静に
微笑みながら嫌みを言った
「結婚した頃とか不妊治療中に言って欲しかったよ・・・ 結婚当初は調教して欲しいなんて思ってもいないから、こうされてたら別れてたかもね」

乳首を引っ張られ現実に引き戻され、下から突かれ続けた

結局は中折れして終了
体はクタクタ、不満に思うこともなく
旦那の腕枕で眠りについた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/24 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3