ブログランキング14

あの頃の私と彼…の物語

大好きな彼とのお話⑅︎◡̈︎* 大学編➡︎社会人遠距離編へ

  • 記事数 579
  • 読者 1225
  • 昨日のアクセス数 14032

361.激おこ→激甘♡

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 回顧録

2017/12/06 21:45:38

  • 191

暫くお互い主張し合う口論が続いた


だんだんリクの主張に
押され気味になる中で私は…


どうしても…辞めたくない…


お願い分かって!!!

そんな思いで
リクをジーッと見つめてたらಠ_ಠ


リクが急にクククククと
肩を震わせて笑い出し
次第に寝転がって大笑いし出した


「リク?どうしたん?( ・᷄-・᷅ )」


少しおさまったリクが

「紗絵、もう降参や!(笑)
こーんな眉間にシワ寄せたಠ_ಠ顔したら
お前、絶対譲らんもん!
もう好きにしろよ♬」


そう言った後そのまま寝ながら足で
私の膝辺りを揶揄うように突いた♡


何やかんや反対しても
私の主張を尊重してくれるリク✨



「ありがとう!りっちゃん♡
もう大好きぃ!!♡」

私は嬉しくてリクの上に飛び重なり
リクの鼻を甘噛みした💕

「イタタ、痛いってもう💦
その代わり信用してるからな…

あっ!でも、紗絵に言い寄る客なんて
居らんやろうしな!(笑)
そんな物好き俺だけぐらいや(笑)」


「うん!(๑˃̵ᴗ˂̵)大丈夫!

それに、りっちゃんも
家庭教師のバイト以外に
お店の賄いに釣られて深夜まで営業してる
BARが併設されたカフェでもバイトするやん?

もし、一緒に暮らせても
お互いのライフスタイルがすれ違うのは
不安やから…なるべく話せる時間を作ろう?」


リクは、フッと笑って
私の前髪を撫でながら…

「そやな…一緒に暮らせても
会話する時間が減るのはあかんな…

紗絵…もう俺…
紗絵の匂い感じながらやないと
よう寝れんようになってきた…
何でやろ(苦笑)?

あの心理学で言われる
ライナスの毛布みたいな状態かも?(苦笑)

だから、早くご挨拶しに行こな♬
じゃないと不眠症になりそうや(笑)」


この頃からリクは、
一人寝だと安眠出来なくなっていた…

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. こうじは深夜のバイトを勝手に辞めた。「もう無理だよ…毎日...

  2. 看板犬

    2016/04/25

    春休みになって、塾のバイトも、カフェのバイトもたくさんシ...

  1. 更に数日経ち…大学内で少しの空き時間にリクと二人でお...

  2. その頃、俺は仕事しながら、まだ週に何度か居酒屋のバイトも続け...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3