得られるものは何も無い

  • 記事数 13
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 4

2017/11/06 00:04:57

  • 0
  • 0

わたしとは
10分しか
時間は取れないけど

彼女のためなら
仕事終わりだって

毎日だって

休めない仕事を
休んででも

会いたいんだね


職場にタブレット持ち込んで
野球の結果を知りたいくらい

息子をダシにして
知りもしないバンドの
ライブに行くくらい

話 合わせたいんだね


彼は彼女に夢中

それはきっと
わたしには娘だと紹介した
二十歳かそこらの女の子


そんなすぐ
バレるような嘘をなぜ
ついたのか…

あるいは
バレたかった?


そうだね
わたしの中に這入ってる時だって

きっと彼の頭の中は
彼女でいっぱい

咥えていたって
顔は脳内で彼女に
すり替えているんだ


わたしはただの前座


その後の二人の情事を
盛り上げるための
前座でしかない

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたしはその赤毛の女の子が苦手だった小さくて、いつもワ...

  2. わたしの家は変わっていた。愛情こそあるもののいつもどこか物語...

    蒼い風

    • 26
    • 0
  1. 家族①

    2016/01/13

    大下さん。ご家族の話。聞かせて下さい。そう言うと大...

  2. だんだん…彼とのこと諦め気分。違うタイプの人種かも。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3