堕ちて彷徨う

bdsmの精神的な面と、心理描写をたっぷりと描きます。

  • 記事数 14
  • 読者 20
  • 昨日のアクセス数 3

2017/11/05 01:45:01

  • 3
  • 0

生まれたままの姿に、クリトリスの調教アクセサリー。
わたしは両手を頭の後ろで組み、恐る恐る腰を前に突き出して、ガニ股に脚を開いて膝を曲げ、中腰になった。足腰が震えた。

「臭いな。」
「…ゃ、 はずかし…い…」
バシン!!
左の頬をSさんの平手が打つ。
「姿勢。体を丸めるな。もっと胸を張って堂々としろ。腰が引けている。もっと脚を開け」
「はぃ、ご主人さま…っ」
「ブタが何を恥ずかしがっている。お前は誰の奴隷だ? 飼ってもらう気がないのか?」
33歳のSさんの滑らかな別珍のような声が、静かに、冷酷に、35歳のわたしを掌の上で転がすように、惨めに追い込んでゆく。
わたしは腰を突き出し足を開くことが恥ずかしく、おずおずと躊躇った。
するとSさんは、革張りのデスクチェアに座ったまま、長い脚をわたしの脚の間に入れ、膝の内側を蹴った。
「俺の命令にいちいち躊躇うな。鬱陶しいんだよ。」
「っ、すみません」
その容姿も声も美しいSさんの前で、わたしが惨めな醜さを取り繕うことは、一ミリたりとも許されない。わたしは何処までも晒さなくてはいけないのだ。
わたしには、僅かだが歳上の女だ、というプライドがあった。若い女とは違う、きちんとした大人の女の美しい振る舞いと魅力をみせたかった。_____わたしだけを見て、欲しかったのかもしれない_____
だが彼は、わたしの浅はかな計算など全てお見通しのようで、却って彼の苛立ちを誘った。わたしのそんな小さなプライドは簡単にへし折られ、さらに堕とされる。女であろうとする様を嘲笑うのだ。

「み、見ないで、ください…」
こんなに醜いことが知れたら、幾ら何でも引かれる。限度がある。棄てられてしまう。嫌だ。
棄てないでください。ごめんなさい。ごめんなさい。

屈辱と羞恥と恐怖と、もう何も考えられない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 11.涙

    03/07

    「ぅうっ、ひっく、う、」35歳のわたしは、歳下のご主人さま...

  2. 我慢

    11/14

    わたしの膀胱が限界を超え始めていた。掃除を命じたSさんの...

  1. 電話

    10/31

    小一時間ほど眠り、目が覚めた。このことは、Sさんに報告しな...

  2. 報告1

    11/01

    インターフォンを押す指が震えた。「入れ」震える脚で部屋に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/22 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3