母親?人妻?…それでも女。貪欲に生きる私。

ギャンブルも、不倫も、借金もしてます。これが今の私の現状です。

  • 記事数 804
  • 読者 1071
  • 昨日のアクセス数 270

666、歓迎のセレモニー??

しおりをはさむ

2017/11/06 16:13:56

  • 61
  • 0

素早く、私の下着の中に指を滑り込ませてきた。


!!!!!!
私はギュッと足に力を入れたが、その力には
かなわずに、指が私の既に濡れている部分に触れる。
激しく舌を吸ったり噛んだりされながら、
おマンコの中に指を出したり入れたりを
繰り返されると、どんどん力が抜けてくる。
なんとか、掴まっている状態で
私は堪えていた。



稲田はハァハァといいながら、止める気配がない。
どうしたんだろう?
私は一瞬そんなことが頭をよぎった。
ふと、唇を離される。
座り込み、躊躇なく股の間に入り
既に濡れている部分に舌を当てる。



いやぁっ!!!!




私は後退りしてしまうが、お尻を持たれ
躊躇なく、クリトリスを吸われながら舌で
刺激される。
立っていられなくなり、
「やめて、1回待って!!」
なんとか、声を振り絞るが稲田に届かない。
夢中で、舐められる快楽に
必死で耐えていた。



稲田は、執拗に尿道を刺激し始める。
やばい!!
本当にやばい!!




「だめだめだめだめーーー!!」
私が大きな声をあげると、躊躇なく
指を2本入れながら尿道を刺激する。




んあぁぁっ!!
いやぁっ!!!



ガクガクと震えながら
私は、目を瞑った。



もう、無理…






私は、稲田目掛けて放尿してしまった。
それを、溢さずに喉を鳴らしながら
飲んでいる姿が、どうしようもないほど





いとしく思えた。




そんな私は
やっぱりネジが外れている。





顔を離して私を覗き込むと
「いらっしゃい、のの!!」
笑いながら、私を抱き締めてきた。



「歓迎のセレモニーにしては、刺激的だね(笑)」
私は、そういいながら
稲田に抱き付き返した。





稲田、、、
また香水変えた?



ってことは、また
好きな人でも出来た?





そんな想像を一瞬で、してしまう自分が嫌い。




「さぁ、どーぞ。」
そういって、中に招き入れてくれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 容赦なく

    2017/09/05

    一気に下着を脱がされた逝ったばかりの敏感なクリトリスに崇...

  2. 私「はぁっ…待ってっ…お口はだめっ…あぁぁっ…やーーーーっ...

  1. 稲田が唇を塞ぐ。リクくんが、私の胸を揉みながら乳首...

  2. ふいに指が抜かれる【はぁ〜】っと深い息が漏れ、乱れた呼吸...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3