思いのままに‥大切にしたいこと

愛され妻から大切にしたいことを経て、ここに続きます。忘れたくない思い出を綴っています

  • 記事数 85
  • 読者 21
  • 昨日のアクセス数 12

何もかも‥②

しおりをはさむ

2017/10/15 22:49:39

  • 1
  • 0

わたしはSさんにキスをした


それが合図となり
Sさんは私の唇に
なんども何度も
キスをし
舌を絡ませた



わたしもいつもよりもっと
Sさんを受け入れ
もっとって
Sさんを求めた



服を脱がされ
下着を外されると



マッサージ台の端にわたしを座らせ



イキナリ
Sさんはわたしの敏感なところに
顔を向け
口付けをした



今までも何度もしてもらったが
座ってするのは
初めてで


いつもより強く
感じてしまった


Sさんの口からか
わたしの中からか
もはやわからないけど
わたしの足を何かが流れていくのがわかった


もうSさんのクンニに我慢できなくて
喘ぎ声も抑えられなくて


もうダメ



そう言うと
Sさんは顔を上げ
わたしを抱きかかえ
そのままSさんの手で


わたしの中を刺激し始めた
一番感じるところを押し
そのままゆっくりと
指を出し入れすると



わたしの中はあっという間に
ピシャピシャと
音を立て始めた



上体を起こすように抱きかかえられ
その刺激は
もっと強くなり



ダメ‥
出ちゃう



これ以上ない
耐えられない



そう思った時
もっと温かいものが
流れ出るのがわかった


そして止めたくても
止められないくらい
後からどんどん出て来ていた


少し息を整えると
わたしは
Sさんにフェラをしたくて
お願いした



お口でしてもいい?



したいの?



うん‥




いいよ





Sさんはパンツを取り
マッサージ台に仰向けに横になった




既に大きくなっている
Sさんのものを
わたしは丁寧に
そして
エロく
フェラをした
わたしのできることを
全て
Sさんにしようと思った




Sさんのは大きくて
熱く
既にわたしの口に入りきれなかったが
喉の奥に届くように
深く咥え込み
舌を常に這わせ
顔を上下させた



あー気持ちいいよ



そう言ってもらえるのが嬉しい



もっと頑張るつもりが
Sさんに止められた


わたしはそのまま
仰向きに寝ているSさんに覆いかぶさり



Sさんにキスをした
そしてぎゅって抱きしめて
Sさんの耳を、軽く噛んだ



あっ‥




Sさんは悶え
わたしのキスに応えてくれた



入れたくなっちゃった



入れたい?



入れて欲しい



僕も入れたい




そう言うと
Sさんはゴムをつけ




バックから攻めたいな



そう言うと
わたしを四つん這いにさせ



ゴムをつけたエスさんのものを、


バックから入れて来た



顔を見せて‥




Sさんはわたしに
後ろを見るように
指示をする



わたしはバックから突かれ
悶えながら
後ろに顔を向けると



あーいやらしいよ
とってもいやらしい顔だよ


Sさんは余計に興奮し
もっと強くわたしを攻めた

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. わたしが落ち着くのをSさんは待ってくれて入れたくなっ...

  2. 邪魔するものがなくなりわたしはSさんの手や唇をひたすら感...

  1. Sさんはがわたしの中にやっと入ってきたまたわたしはさ...

  2. いやらしいよとっても‥いやらしい知ってる❓いやらし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 「孫依存」の母に振り回される

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3