ナオブロ

恋愛ー片思い両思い♡イロイロ♡読みづらかったらごめんなさい

  • 記事数 134
  • 読者 44
  • 昨日のアクセス数 77

ハラハラ

しおりをはさむ

2017/10/14 04:43:37

  • 2

それから特に何もない、平穏な日々が過ぎていった。


時々くるミチからの電話に安心して、なかなか学校では会えないけどそれだけで良かった


私「学校、全然こないね」


ミチ『うん、なんかめんどくせー』


私「たまには学校でも会いたいな」


ミチ『先輩に呼び出されると断れないし』


でた…先輩。
いつか私が会ったことある先輩なのか、それさえもわからないけど、やっぱりそこには口を出さなかった。


口数が減ってしまう私にミチが、


ミチ『今日会おう』


私「えーもう夜だよ?」


ミチ『夜中にこっそり家を抜け出そうぜ』


私「え?!けど私、暗いのにひとりで外に出るのは怖いよ」


ミチ『じゃあ朝方明るくなったら』


私「えー…いーよ頑張って抜け出す」


ミチのことが好きで、会いたくて、
ハラハラしながら約束をしてしまった。
その頃はポケベルもない、携帯もない時代。


朝が何時から明るくなるのかも知らず、朝5時に近くまで迎えに来てくれると話して、電話を切った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 春休み中は、毎日の様に交代で電話を掛け合っていた。そして、私...

  2. 学校の唯一の出校日。この日はトシは欠席だった。や...

  1. 「う~ん、なんか離れたくない」はやと先輩「今から夏休み...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/17 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3