*恋愛 小説*

主に青春恋愛小説を書こうかなと。

  • 記事数 65
  • 読者 98
  • 昨日のアクセス数 25

*秘密の日常*14

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/13 18:04:33

  • 15
  • 0

「あ。結衣、唇から血が出てる。」



身体を離した翔ちゃんが
私の顔を覗き込みながら
唇に触れた。



「えっ?あ、そう言えば…」




教室で私、
唇を強く噛み締めてたんだった。

まだ血、止まってないんだ。




そんな事を考えてたら
急に翔ちゃんの顔が
近づいて来た。



「っ、え?しっ…翔ちゃん?」


「結衣、じっとしてて。」


「…っ!」



頬に翔ちゃんの手が添えられて
私はギュッと目を閉じた。




翔ちゃん、まさか…




不意に唇をペロッと舐められて
身体がビクッと反応する。



「んっ…」




翔ちゃんまさか、
私の血を舐めてるの?




ペロッ、ペロッ、
って優しく唇を舐めてる翔ちゃん。

私の心臓は
今にも飛び出て来そうなくらい
激しく鳴ってる。

こんな事をされたのは初めてで、
どうしたら良いのか
私には分からない。

ただ固まって
翔ちゃんに身を委ねてる。

子供の頃に頬やおデコ
頭や手にキスをされた事はあったけど
唇は初めてなのだ。




ーーこれって、いわゆる
ファーストキスってやつかな?

あ。でもこれってキス?

キスっていうか…




そんな事、呑気に考えてたら
翔ちゃんが私の唇を舐めるのを止めて


「少し口、開けれる?」


なんて言うもんだから
ビックリして目を開けると
すぐ目の前に翔ちゃんの顔があって
恥ずかし過ぎてまたすぐ
ギュッと目を閉じた。



「ふふ、何してんの。笑」



クスクス笑う
翔ちゃんの声が聞こえる。



「…っ、なっ…何って…翔ちゃんこそ何、してるの?」




私の心臓が
ドキドキし過ぎて
壊れちゃうよ…っ。




「…結衣、いや?」


「…えっ?」



目を開けると
少し寂しげな翔ちゃんの顔。



「こんな事、されたくない?」



私の頬から
手を離そうとする
翔ちゃんの手を
慌てて両手で抑えた。



「そっ…そんな事、ないっ!!」



だけど、やっぱり
恥ずかしくって
目をぎゅっと閉じちゃう私を見て
ふふ、って笑う翔ちゃんの声がした。



「結衣、口開けて…」



甘く囁く翔ちゃんの声に
私は黙って従った。

翔ちゃんの唇が
私の唇を挟み込むようにして重なる。




翔ちゃんとの
初めてのキスは
ほんの少し、血の味がした。




唇を離した翔ちゃんが


「なんか俺、吸血鬼になった気分。笑」


なんて言って笑うから
私もつられて笑っちゃった。




ねぇ、翔ちゃん。
もし翔ちゃんが吸血鬼だとして
私の血を飲みたいって
言ってきたら、私は迷わず頷くよ。

私の身体の中にある血を
一滴残らず貴方にあげる。

だからお願い、
ずっと私の側にいて。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    8時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18331 / 読者数 4119

  2. 2

    YOU.

    1日前

    優奈

    記事数 471 / 読者数 914

  1. 3

  2. 4

    When love ...

    23時間前

    リノ

    記事数 717 / 読者数 1486

関連するブログ記事

  1. 経験値

    2014/12/08

    私の横に座り 翔ちゃんは私の頬を優しく包み自分の方を向かせた...

  2. また少し沈黙してしまった…翔「…ふうか」察して...

    恋して

    • 66
    • 0
  1. 875*睦月③

    2016/02/13

    目を開けると、翔大と目が合った。ちょっと恥ずかし...

  2. kiss

    2014/12/11

    私は 初めてキスしたいと 思った翔:「じゅんから して…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/19 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3