ブログランキング74

*恋愛 小説*

主に青春恋愛小説を書こうかなと。

  • 記事数 41
  • 読者 66
  • 昨日のアクセス数 2759

*秘密の日常*12

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/13 13:40:09

  • 13
  • 0

私の事を知らないと言ってたくせに
黒板に書かれてる彼の名前は
私のよく知っている名前で…

やっぱり翔ちゃん本人だと
改めて確信してる私。

だけど、翔ちゃんは
私の事なんて知らんぷり。

目すら合わせようとはしてくれなくて
もの凄く素っ気ない。

私の知ってる翔ちゃんは
いつも優しくて
いつだって私の事を見てくれてた。


''結衣のこと、ちゃんと見てるよ''


そう言って微笑んで
頭を優しく撫でてくれた。


会えなくなって
離れて暮らすようになって
5年で翔ちゃんは変わってしまったの?



私の事も綺麗さっぱり
忘れてしまったの?



私の大好きな翔ちゃんは…
大好きだった翔ちゃんは…
どこに行ってしまったの…?




胸の奥がズキズキと痛くて
目の前が涙で滲む。

涙は流すまいと
必死に唇を噛んで
涙が溢れるのを堪えてた。

あまりにも強く噛み過ぎて
唇が切れたみたい。

口の中が血の味で一杯になった。

そのまま唇を噛み続けて
大量に出血でもして
そのまま消えて無くなりたい。

そう思った。

そんな事を考えてると
何だか本当に目の前がぼやけてきて
意識がゆっくりと遠のいて行く…

何処からか私の名前を呼ぶ
誰かの声が聞こえたけど
返事を返す事が出来ない。



ーーそのまま私は意識を失った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3