ブログランキング30

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1115
  • 読者 528
  • 昨日のアクセス数 8219

monochro 15

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 男女関係

2017/10/13 11:39:52

  • 26
  • 0

それから暫く、カフェパラのハロウィンイベントの準備で忙しくてモノクロには行けなくなった。

当日、女子スタッフは何故か皆バニーガールの格好……。


「よし!じゃあイベント前にその格好で外回って客呼んで来い!」

マネージャーの松田さんの、いつもながら突然の思い付き。
名指しされたのは一番スタイルの良い、バイトのミクだった。

「えぇっ!?無理ですよ~!彼氏に怒られちゃうし…」
「いいよ、あたし行ってくる」
「華、さすが男前だな!」


こんな格好してても男前とは……自分でもタメ息が出そうだけど。
それでも一応心配はしてくれてるのか、バイトの男の子を一人付けてくれた。


その日はハロウィン直前の土曜日とあって、イベントをする店も多い。
まだ時間が早いからチラホラだけど、仮装してる人が歩いていた。


「カフェ・ド・パラディで本日ハロウィンイベントがありまーす!」

フライヤーを配りながら歩いていたら、

「華絵さん!」


この声は……。


「レイさん…」
「イベント、そういえば今日でしたね」


なんとなく見られたくなかったなぁー。
こんな格好してて何とも思われなかったら虚しい。
っていうかそういう事考えてる自分が既に嫌!


「モノクロは?」
「うちはそういう雰囲気じゃないでしょう。だから後でそっちに顔出します」
「えっ!?今日土曜だよ!?」
「こんな華やかな日だと、うちみたいな暗い店はきっと暇ですよ」


おーい、そんな事言っていいの?


レイさんはニコッと笑って距離を詰めると、耳に唇を近付けた。

「こんな魅力的な格好の華絵さんをもっと見たいんで」
「っ……!」


吐息のかかった耳を思わず手で押さえて後ずさった。


なんかこういうポイントをさ…外さないんだよねこの人……。
あたしが言って欲しい事を知ってるのかなって思っちゃう。


……嬉しいんだけど、なんか悔しい。


「お仕事の邪魔をしてすみません」
「ううん…」
「それと、気を付けて下さいね」
「?」


何に気を付けるのかはよく分からないけど……。
とりあえず女の子に捕まってたバイトくんを連れて、宣伝を再開した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3