ブログランキング18

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3689
  • 読者 767
  • 昨日のアクセス数 9942

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/13 08:03:24

  • 111
  • 0

「……」

さっきの…目。

あたしは、それを見た事がある気がした。

…そうだ。

聖を産んだ後の…母さん。

産後鬱だ…って診断されたって言ってたけど…

あれ、本当だったのかな。


「気にするな。疲れてるだけだ。おまえの飯食ったから、もう平気だ。」

千里が遠慮がちにあたしを抱き寄せる。

あたしは千里の背中に手を回して、ギュッと千里を抱きしめると…

「…ごめんね…千里…」

千里の胸でつぶやいた。

「だから…どうして謝る。おまえは謝る必要なんてない。」

「だって…あたしの器が小さいせいで…」

「あ?何言ってんだ。俺と離れたいって思ったほどの事だぜ?」

千里があたしの頭に唇を落とす。

…久しぶりにそうされて…胸がいっぱいになった。

「おまえの器どうこうじゃない。日常になんの不満もないって思ってた俺に、気付きが足りなかっただけだ。」

「そんな…千里がそう思ってくれてたのは、あたしにとっては幸せな事だもん。」

「俺にとっては不名誉だ。自分の気持ちには満足でも、家族の想いまで気付こうとしなかった。」

「……」

「夫としても、父親としても失格だ。」

「……そんな事言わないで…」

顔を上げて、千里を見る。

すごく胸が痛かったけど…なぜか千里は…

「失格だが、気付かせてもらえた。これからは挽回するだけだ。」

ほんのり笑顔で。

その笑顔が…あたしにはもっと痛くて…

「あー…泣くな。」

千里が、乱暴にあたしの目元をなぞる。

「だって…あたしが…」

「おまえは言いたい事言って、笑っててくれりゃいいんだよ。どんな知花でも、俺は大丈夫だから。」

「……」

「娘の幸せを反対しようとした、カッコ悪い父親だ…って、気付かせてくれたんだからな。」

千里の胸に顔を埋めて、少しだけ泣いた。

そんなあたしの頭を、千里は懐かしむかのように…撫でてくれた。

「…さ、送るから。」

「うん……」

手を引かれて、玄関まで歩く。

「……」

あたしが帰ることを渋ってしまってると、それに気付いたのか…

「明日の仕事は?」

早口に聞かれた。

「…明日は…午後からミーティング。」

「何時まで。」

「…五時まで。」

千里はあたしに背を向けて靴を履いて。

「…明日も、飯作りに来てくれないか?」

小さな声で言った。

「…え?」

「無理ならいい。」

「…無理じゃないから…来る…」

「…分かった。」

「何時に帰る…?」

「八時ぐらいだと思う。」

靴を履いて…隣に並ぶと。

「…やっぱ、おまえの作る飯はサイコーだ。」

千里は恥ずかしそうに。

「ふっ…なんつーか…二人きりだと、あの頃の続きみたいだな。」

あまり…見た事がないような、はにかんだ顔をした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 35th 94

    07/31

    「帰っちゃった…」飛行機を見送って、みんなでゾロゾロと歩...

  2. 50th 91

    10/27

    ああ、やだな。お酒が入ってるせいか、無駄に…気持ちが昂っ...

  1. 18th 21

    2017/06/13

    「あ…あたし…」「……」「あの時、詩生に触れたいって...

  2. 18th 39

    2017/06/14

    「よお。」九月の雨の日。久しぶりに烈がやって来た。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/23 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3