サラさんのブログ

付き合い始めた彼との思い出書き出し中´ ³`)ノその他、過去の恋愛や仕事の事♪

  • 記事数 302
  • 読者 36
  • 昨日のアクセス数 973

2017/10/12 15:56:31

  • 4
  • 0

笑い話をして少し落ち着いた彼が、時間を見て苦笑した。覗き込むと、既に19時過ぎ。
調べたお店の閉店ギリギリの時間になるかも。

「もうさ、諦めて送らせてくれない?」
笑って言われて、ちょっと唸ってしまう。そのためのフリだったとは思わないけど、してやられた感は満載。
全部計算だったら怖いけど。笑

無言の私を振り向かせてまた深く口付けると、優しく笑って決まりね?って囁く。
ズルい。ズルいよ…


私が頷くより早くナビをセットし、私の最寄り駅付近を目的地にする。到着予定は22時近く。
それで帰ったら、彼は確実に日付が変わる。
どんよりした気持ちでナビ画面を見つめると、彼はまた私の頬にキスをした。有無を言わせない雰囲気。


曇ったフロントガラスを戻すため、私をモコモコ状態にして窓を開け出発。寒くないのかな?
「暖房は当たってるし大丈夫」
ニッコリ笑って車を走らせる彼。もう何も突っ込めずに、ただ座っているしかない私。笑




雲一つない空。星が綺麗で見上げていると、彼が脇道に停車して幌を開けてくれた。代わりに窓を閉めてしまえば、案外温かい車内。
停車したついでとばかりに、また私を抱き寄せてきた。甘々だなぁ、もう…



遠かったはずの距離は、どんどん近づいて、私の一番近くまで来た彼。
頼るべきものを見つけた安心感。同時に、頼ってほしいと、甘えて欲しいと思う感情。こうしてどんどん私に近づいて、きっと中まで入ってくる。


それが怖いような、不安なような、不思議な夜。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 前沢先輩の車に乗り込む……助手席に座るのも久しぶりかも…...

  2. 一緒に

    2015/05/20

    待ち合わせ場所で、待つことしばらく…。彼の車が到着。...

  1. 帰り

    09/27

    また腕枕してもらってゴロゴロしてるとヒゲに白髪があるのが気に...

  2. 私はお金の件は知らないことになっていた。だから、一緒に過ご...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/22 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3