一番愛した人

社内恋愛してた彼の結婚、社内不倫、出会い系、私の結婚話をメインにした実話です。

  • 記事数 715
  • 読者 261
  • 昨日のアクセス数 1174

銀行員B②

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 浮気

2017/10/11 20:23:37

  • 10

恵比寿から電車で一駅の渋谷へタクシーで向かう。
あまりの近さゆえ運転手さんはあまり良い顔していなかったが、川端さんはそんな運転手のことなど目には入れず、終始ニコニコしていた。


すぐに渋谷につき、道玄坂で降車する。

「ユキちゃん、行こう~」

私の手を握り、嬉しそうにホテル街へと歩き出した。


一軒のホテルに入る。
このときはもう抵抗することはせず、川端さんとすることになるんだなぁと諦めていた。


ホテルの名前はもちろん覚えていないが、いわゆるザ・ラブホ!みたいなまあるいベッドがあったり、天井や壁が鏡張りだったり。
たぶん空室があるホテルが少なかったんだろうと思うけど、イマドキそんなホテルがあるんだとビックリした。


まずはシャワーを浴びてから、となると思ったのに、川端さんはそのままの私を抱こうとした。
お酒も飲んでたし、さすがにそれは嫌だったので、強く抵抗した。

なのに。
川端さんの力には勝てなかった。


洋服を脱がしてく川端さん。
その手を止めては何度も何度も見つめてくる。

「ユキちゃん・・・なんでそんなに可愛いの?・・・色っぽい・・・その目に吸い込まれそうになる・・・」

川端さんが切ない表情で言う。

「そんなことないよ・・・」

否定はしてたが、川端さんに褒められてすごく嬉しかった。


「ユキちゃんの全部を愛したい。良い?」

お酒はそんなに飲んでなかったはず。
酔った勢いではなく、本心で私のことを抱こうとしているのが伝わってきた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/23 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3