ブログランキング36

【小説】ボク恋~完結編~(BL*R18)

性懲りもなくBLです。BLとは男子と男子が愛し合う事です。くれぐれもご注意ください。

  • 記事数 2375
  • 読者 574
  • 昨日のアクセス数 6643

濁り湯《402》

しおりをはさむ

テーマ:小説 > BL

2017/10/13 22:24:01

  • 34
  • 0

☆ボクはそれでも恋をする☆       





タクミは大浴槽を通りすぎ、ガラス扉を開け
露天風呂へ逃げる。


「ふぅ~、びっくりした」


露天風呂は濁り湯で白かった。タクミは
タオルを頭に乗せ、ゆっくり肩まで沈む。


「うぇ~い、気持ちいい」


露天風呂は比較的すいていて、手足を伸ばし
ても誰にもあたることはなかった。

目を閉じ、Butterflyで行われているであろう
カウントダウンライブの事を想像していると…


ポチャン


と、お湯が揺れた。タクミはそれを気にも
しないで、眩しいライトがあたるステージに
思いを馳せる。


サワサワ……サワサワ……


「ん?」


足の指に何かがあたる。目を開くと、さっき
隣りにいた男がいた。


「ギャッ!」

「お兄さん、そんなに驚かないでよ」

「ちょっと、触らないで下さい」

「ええ~、いいじゃん。だって君そっちの
人なんでしょ」


タクミは確かにそっちの人だが、なぜこの
まったく知らない男がそれを知っているのか
不気味に思う。


「いいえ、違います」

「そんな事いっちゃって。それとも俺が好み
じゃないからそんな事言うの?」


と、男がジリジリと距離を詰めてきた。


「とにかく、ボクは違いますから」

「ボクって……、可愛いね。休憩室にいこうよ」

「嫌ですよ」


タクミはザバッと立ち上がり、タオルで前を
隠して露天風呂と出ようとする。


「待てよ」


男は少し怒気をはらんだ声で叫び、お湯の
中でタクミの足首を掴んだ。


「わっ!」


バランスを崩して、お湯の中に沈んでしまう。


「おっと、危ない。くっくっく」


男はタクミの背中を支え、自分に引き寄せた。


「離して下さい」

「助けてあげたのに、その言い方は酷いな」

「……」


男はタクミの太ももを撫で、ニヤリと笑った。






同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 誤爆LINEした彼を信用できない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3