動き出した、禁断の恋

スクールの先生とのW不倫。

  • 記事数 81
  • 読者 153
  • 昨日のアクセス数 556

久しぶりの長い時間。

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/10/11 20:24:50

  • 9
  • 0

先生が休みの日、私の仕事が一段落してから落ち合った。

いつもの古いラブホ。

入ってからすぐ深いキスをしながら優しく触られた。

この日はフリフリレースの可愛いオープン下着。

ブラジャーにも割れ目がある。

下はTバックと、レースのスコート。

なのにTバックを忘れてノーパンのままフリフリのスコートを着用していた。

先生は想像以上に興奮した。

ブラの間から出た乳首を優しく舐められる。

乳首だけ出て、いかにも「舐めて!」とアピールしているみたいで恥ずかしい。

裸のまま舐められるより、下着があった方が視覚的にも断然エロい。

いつもよりかなり感じた。
 
首筋から耳へと舌先で攻められ、私の感度はMaxになった。

いつしかわずかな時間でも感じるように身体は変化していた。

指を入れられGスポットを少し強めに、でも優しく押された。

「んんーっっ💦💦」
さすがに初めからあんあんとは声も出ない。

 
気持ち良さに耐えながら息は上がっていった。

いつもならそこそこの刺激が無いと潮は吹かない。

その日は違った。

指を入れられたらクチュクチュと音がした。

それはねっとりした液体の音では無く、サラサラの液体の音でピチャピチャと響いた。

指を入れてからわずか1分ですごい勢いで液体が流れ出た。

先生は驚きながらより気合いが入りもっと弄りまわす。

今度は重力に逆らって上へ吹き出した。

ベッドが給水量をオーバーし、キラキラと光っていた。

慌ててバスタオルで拭いた。

既にコップ1杯分は出ているけどシャワーで流してひと休みし、再び攻められた。

身体が変わってしまったのか、先生に全てを預ける気持ちがさらに強まったのか、中毒症と呼べる程に求めるようになった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3