黒を纏った紋白蝶

風俗嬢だった友人の自殺、それからの自分の話。今は、のんびり過去話や徒然を書いてます。

  • 記事数 537
  • 読者 402
  • 昨日のアクセス数 176

お医者、行って来ました。

しおりをはさむ

2017/10/11 02:13:04

  • 24

久々のお医者(二年ぶり)、
ちょっとボケた(?)おばさまから、予約して診察券出してるのにも関わらず「初めてですか?」と言われ「???」となったり、
そこから延々待たされて、まさかの先生からも「…前にもいらっしゃいましたよね…?」を戴きまして、凄く不安になった上で、
更にわかりきった心理テスト(※一応心理学の臨床専攻卒で、それも前に話した)で点数稼がれたりして、
いつもより少し多く払い、
しかも前は目の前に有った調剤薬局が無くなって駐車場になっており、薬局ジプシーして、
凄く疲れたものの。

結局、私がお願いした通り、
昔、大好きだった名古屋の某メンタルクリニックに通っていた頃からのお薬セットを、なんとか無事手に入れました(しかも他のお医者では中々出してくれない、三週間分)。

で、改めて。

それぞれのお医者はともかく(苦笑)、薬は薬だな、と。

私が無意味に苛々していた事や怖かった事、哀しい事等々には、やはり現段階の実生活に於いてはまるで実態なんか無く。

ちょこっと薬を飲めば、ちゃきちゃき夕飯の仕込みや仕事が実にスムーズに進む。

頭さえちゃんと働けば、やりたい事は、沢山、沢山、有る。
それが、ちょっと薬飲むだけで出来るなら、
しかも無意味なカウンセリグをこまめにしないでいい様に沢山処方してくれるなら、
あれは私にとっては「名医」としてもいいや。

そんな風に思いました。

もやもや、苛々、ぐじぐじに邪魔されないなら、私はやりたい事が沢山有るのだ…!!!


己の状況を過信するのは禁物だけれど、今迄の傾向を照らし合わせた上で対策を取るのは、今は凄く必要である。

一先ずは、飲み馴れた薬をいい感に組み合わせて。
また機嫌良く暮らす努力を続けるのみ。

それだけ。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 公開されている資料が、かなりわかりにくい資料だった為、受診の...

  2. 2016/07/14

    あのね、主治医、肯定も否定もしないんだけど否定するの。まぁ...

    戯言

    • 1
    • 0
  1. 花粉症の私かれこれ20年以上の付き合いその為、色々な...

  2. 膠原病と診断されてステロイドを大量に投与された。今から...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. 新築お披露目で義両親にイライラ
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3