あなたに逢いたくて

アラフォー女子の恋愛備忘録

  • 記事数 409
  • 読者 148
  • 昨日のアクセス数 228

2017/10/11 06:29:59

  • 6
  • 0

私は、その頃大切な先輩を癌で亡くしていた。


胃がんだった。
発見されたときは手がつけれられず、
亡くなるまでを病院で過ごしていた。

癌が判明してからなくなるまで、
半年ぐらいだった。
あっという間だった。

亡くなる直前には、
モルヒネで意識朦朧としいて、
私のこともわからなくなっていた。

身近な先輩が、癌を患った人がいたので、
私自身が乳がんかもと診断されたときは、
いろいろなことが頭をよぎったのだ。

平松さんは、その状況も知っていて、
私に優しかったのかもしれない。

先輩がなくなったとき、
私が泣いていたのを彼はそばで黙ってみていた。
何も言わないのが、彼らしい。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

  2. 2

    MyhoneyCin...

    14時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18508 / 読者数 4155

  1. 3

    When love ...

    1日前

    リノ

    記事数 782 / 読者数 1681

  2. 4

関連するブログ記事

  1. 彼と柳瀬先輩のやりとりを見てしまって、あることが判明した。...

  2. 「あ!タケダ先輩!ジョギングですか?」「バンビは…散歩か?...

  1. 10、

    2015/08/15

    『き、昨日ね、部活の先輩と帰ったの』『へぇー、何て名前...

  2. とにかくタケダ先輩の指揮を見た。ハーモニーが綺麗に響い...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/22 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3