私の32年間〜夫婦って何?家族って?私には未だに分からない〜

幸せとは程遠い幼少期から今現在までの事を綴ってどんよりした自分の嫌な部分すっきり!!

  • 記事数 67
  • 読者 19
  • 昨日のアクセス数 25

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/10/10 01:44:37

  • 0
  • 0

仕事終わり不倫男と待ち合わせ。

彼の職場の最寄り駅、私の住まいの最寄り駅でもあるこの街は、夜までガヤガヤ騒がしい街。

人通りが少ない道を私達は歩いた。
駅近くに流れている川沿いを歩いていくと、いくつかベンチがあって、今日は終電に間に合う時間までここで素直に話そうと決めていた。


おしゃべりくんとのドライブの件を切り出してきた彼。

私ははぁーとため息をついた。

そこから止まらなかった。
今まで溜めてきた物を一気に吐き出すかのように私は彼に話始めた。




彼と別れたばかりだったし、既婚者であるあなたと不倫関係になったのは、好きという気持ちもあるけど、寂しさを埋めるためという事も事実。

奥さんに対して、彼の家庭に対してモヤモヤする事はあっても私は今まで一度も彼に不満を漏らしたことはない。
でもそれは愛情じゃない。

私はあなたの不倫相手であって、私から見たらあなたを彼氏とは呼べない。呼びたくない。

一緒に過ごす時間が楽しくて幸せな程、別れた後は辛くて、考えないようにどんどん働いて麻痺させた。



私が誰と何をしようと、あなたは口出しできなくない??
私、あなたの物じゃないよ。


彼は驚くように私を見ていた。
普段、こんなに自分の感情を出さないからか。
涙が次から次へと溢れていたからか。


彼は何も言わず私の頭をポンポンした。

外なのに、声をあげて私は泣いた。



終電が近づいても彼は帰る様子を見せなかった。


彼は私の手を引いてホテルへと向かった。
今日も私は拒むこと無く彼次第。



ベンチからホテルまでの間、泣きすぎた私は子供のようにしゃっくりを続け、彼はただただ黙っていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 仕事終わったよって今日は涼しかったねってちょっと...

  2. 盆休みも終わり、自分の住む街に帰ってきた。 あなたが...

  1. 嘲る。

    2014/09/10

    不平不満漏らして垂らす後悔して涙流し垂らす暴言失言吐...

  2. 必死で食らいついて来る彼からなかなか逃れられないでいた...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3