ブログランキング23

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3682
  • 読者 764
  • 昨日のアクセス数 9377

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/12 11:37:26

  • 92
  • 0

「センって呼び始めたのは、織さんだ…って聞きました。」

「そ。あたしが呼び始めたの。うちの近くの公園で…若かったなあ。」

どういうわけか…

あたしは、陸ちゃんの双子のお姉さんである、二階堂織さんと…

ダックワーズを食べながら、話してる。

F'sのブルーレイを見終えて…今はSHE'S-HE'S…

織さんのリクエストで、見始めた。


「あたしは見た事ないんだけど、海はこっそり持ってるの。」

「え?映像を?」

「ええ。あたし達に悪いとでも思ってるのかな…センの事、表立って話すような事はなかった。」

「そうなんだ…」

「あ、でもね?今は連絡も取り合ったり…向こうでは一緒に飲んだりもしたみたい。」


織さんは…桜花を中退した後、センと出会って…海さんを妊娠した。

咲華と帰って来た海さんを、センは優しい目で見てた。

咲華にも…『彼は優しいだろう?』って。

きっと…センにとっても、自慢の息子なんだ…。


「環さん、織さんの護衛だった…って…」

「そうなの。だから全然恋愛対象になんてなるはずなかったのに…」

「何かキッカケが?」

「んー…」

あたしなら上を見て考え込んでしまうと思うけど…

織さんは、目を閉じて…唇を少し突き出すような感じで考えて。

「環だけは、あたしを甘やかさない。それに気付いた時…かな?」

目を開けて、そう言った。

「…甘やかさない…?」

「二階堂を継ぐために、稽古や勉強の毎日。弱音を吐こうものなら、『お嬢さんの覚悟はそんなレベルですか』なーんてね。」

…十代の女の子に…それはとても過酷な気がした。

好きな人の赤ちゃんを妊娠して、だけどその人とは結ばれなくて…

「護衛の人と恋愛するのはNGだったんですか?」

「んー…たぶん父親はアメリカのFBIにいた男の人を婿養子に…って思ってたんじゃないかな。噂だけど、そんな話を聞いた事がある。」

「そうなんだ…」

恋愛も自由にできないなんて…

あたしなんて、偽装結婚の相手に本気になって…

こんな大人になっても、好き過ぎる事に悩むなんて…

…ああ…全然ダメだ…あたし…

「お見合いしろって父親に言われて、焦ったの。」

織さんはリズちゃんの髪の毛をそっと撫でると。

「焦って…環に迫っちゃって。」

首をすくめて笑った。

「…え?」

「部屋に行って、服を脱いだの。」

「……えっ。」

「すごく拒否されたけど…押しまくって。」

「……(ゴクリ)」

「なのに、環はアメリカで働きたいって…向こうに行っちゃって。」

「ええっ?」

「…苦しかった。」

「……」

二階堂は…命を懸けた仕事をする人たちで…

自分の気持ちをぶつけた後に、そんな風に動かれると…

「…今を知ってるのに…その時の織さんの気持ちを思うと…泣いちゃいそうです…」

本当に。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. あたしが少しだけ涙ぐむと、織さんは小さく笑って。「でも…...

  2. 6th 45

    2017/05/12

    「お嬢さん。」庭で海と花壇をいじってると、後ろから環の声...

  1. 10th 17

    2017/06/03

    「おふくろに?」事務所でセンに声をかけると、センは驚いた...

  2. 21st 38

    06/21

    「…え………っ。」「…や。」「……紅美?」目の前...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/21 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3