ブログランキング8

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2941
  • 読者 703
  • 昨日のアクセス数 31546

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/11 14:33:27

  • 77
  • 0

「いや、神がLINEとか…マジで笑った。」

「うるせー。おまえだって同じスタンプしか送ってこねークセに。」

「いいおっさんが二人して、スタンプの交換しかしないって…」

「おまえが文字打てば俺も打つ。」

「なんだそれ。」


里中との社食も、気付けば習慣のようになっていて。

聞けば、SHE'S-HE'Sの体制が変わる事で、知花はオタク部屋に通えなくなったらしい。

…ま、忙しいよな。

来春のフェスに出るなら、もう準備を始めてないと。

あいつら、音へのこだわりすげーし。

それに伴って、里中も音響現場に入る事が増えた。

オタク部屋にも顔を出したりもするんだろうが…最近は小さな現場にも出向いて卓についている。


SHE'S-HE'Sのプロデューサーで、エンジニアも兼ねてる里中は、奴らのフェスに合わせて動かなきゃいけねーから…

ますますオタク部屋が遠のくはず。

それが少しストレスなのかどうか。

ここ数日、里中がちょいちょい『昼飯』ってスタンプを送って来る。

時間が合えば『それでは後ほど』って猫のスタンプを返すが、ダメな時は朝霧さんが両手で×印をしてる『NG!!』を返す。


「F'sはスタンプ作らないのか?」

「ぶっ…売れるかそんなの…」

「俺は売れると思うけどなあ。神の『もう来るな』とか『やる気あんのか』とか『やめてしまえ』とか…」

「…使い道あんのかよ…」

「…確かに。却下。」


今日はカツカレー。

サラダ付き。

社食はあまり和食がない。

知花の料理が恋しい。


「ライヴまでカウントダウンだな。」

「決まった日からカウントダウンだ。」

「ははっ、確かに。」

「あのジジイ…力を見せ付けやがる。」

「……ほんとにな。」


本当に。

この短期間で、ホールを抑えてスタッフを集めて、世界中継する手段を…

誰が組めるか。

急な企画でもスタッフが動きやすいよう…それぞれに細かい指示を出す。

昔から、思い立って何かを始める人だった。

俺の憧れの存在。

こんな仕事をされるたびに…

自分じゃ追い付けないと自覚させられる。


「…里中。」

「ん?」

「ちょっと相談に乗って欲しい。」

「あ?俺に?」

「今回のライヴの卓、おまえがしてくれるんだよな?」

「ああ。遅くなったけど、明日からスタジオも入る。」

「そうか…じゃ、明日のスタジオで意見聞かせてくれ。」

「分かった…って、何の。」

「…ライヴが終わったら、レコーディングしようと思ってる。」

「ああ…」

「楽曲によってプロデューサーを変えようと思って。」

「………」

「曲の雰囲気もかなり変わっちまうかもしれねーけど。」

「……」

「それも面白いかなーって思って。」

「……はあ?」


里中は今まで見た事のないほどのしかめっ面をして。

「アルバムのコンセプト、まとまらないだろ。」

『ないない』とでも言いたそうな口調で言った。

「でも、そういうアルバムが今までなかったわけじゃない。」

「それはそうだけど…F'sはちゃんとコンセプトがあって、それでもダイナミックなまとまり感のあるアルバムばかりじゃねーか…それをなんでわざわざ…」

里中は半ば呆れ顔。

「…ダイナミックなまとまり感な…」

俺はスプーンを置いて足を組むと。

「…まとまりのない物を作りたくなった。」

里中を見て言った。

「……ポカーン。だ。」

「だろうな。」


いちいちプロデューサーもエンジニアも変えて作ったアルバムを、何作か聴いてみた。

違うはずなのに…まとまっていて、それも面白くはなかった。

いいアルバムだとは思うが、俺が目指したい物とは違う。


メンバーに話すと、三人とも『新しい。やってみよう』と乗り気になってくれた。

…いい加減にバカばかりで助かる。


「…ま、言い出したら止めないのが神だよな…」

里中は額に手を当てて考えていたが。

「でも、プロデューサーの人選が楽しみだな。」

次の瞬間には…笑顔だった。

「おまえにも頼む。」

「はっ?」

「これF'sかよ。って言われるようなやつ、頼む。」

「……」

せっかく笑顔になってた里中は、俺の言葉に『ずずーん』と音がしそうな顔になって。

「おまえ…ほんっと、鬼…」

テーブルに突っ伏した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/18 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3