夢見るように出会いたい。

ミステリー全般。なんでもアリ?のラブコメ小説。不定期更新。《フィクション》

  • 記事数 24
  • 読者 2
  • 昨日のアクセス数 6

学園祭《事件編》その11

しおりをはさむ

2017/10/09 20:15:35

  • 0
  • 0

ユメと慎は、岩元のクラスに迎えに行った。

朝彼女を迎えに行き、クラスに送った。
ユメが岩元のスクールバッグと松葉杖の片方を預り、慎が岩元に肩を貸して当校した。
帰りにも迎えに寄ると約束し、自分たちのクラスに向かった。


通学路の道中、ユメは岩元に心当たりを尋ねた。
岩元は首を振るばかりだった。

『…強いて言うなら、わたしを主役から降ろしたがっている人がいたくらいです。わたし、どうしても演出家の望む演技が出来なかったので…』

『…でも!』
『だからといって…』

ユメと慎が同時に声を上げる。
『岩元さんを怪我させるのは、絶対に違う!…と思います』

HRが終わると、2年の教室のある3階に向かう。
岩元が、演劇部の活動を見学したいと言うので、一緒にクラブハウス棟に向かった。


部員たちの練習が終わるのを待って、また迎えに行く。
千尋から連絡があったのを確認して、演劇部の部室に行った。
ちょうど、大道具係も戻って来たところで、ハルナも合流する形になった。
ハルナの隣に、背が高くがっしりした男子生徒がいた。
『岩元。もういいのか?怪我は…その…』
『佐々本君、ありがとう。痛みは、もう殆どないのよ。でも…』
『岩元、少し話せる?あ、先輩たちも一緒に来てください』

佐々本と呼ばれた男子生徒の誘いかけを、ユメも慎も断る理由などなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 多恵子と浩美とは一緒に登下校してたクラスも一緒だった転...

  2. 第十八章

    2016/09/03

    三年になった。イシオカは県下最難関の男子校にも行けたが推薦入...

    蒼い風

    • 32
    • 0
  1. 進級

    2015/10/05

    無事3年生の卒業式も終わり、4月を迎えた。私たちは受験生に...

  2. 文化祭

    2016/01/27

    学校は、文化祭の準備でいつもと違う雰囲気うちのクラスも撮...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3