ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2946
  • 読者 705
  • 昨日のアクセス数 32222

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/10 15:09:36

  • 87
  • 0

里中とは同じ歳で…

昔、俺がTOYSで在籍してた頃、後輩として入って来た。

京介と里中と小野寺の3ピースバンド、SAYSは…

骨太で、男臭いロックだった。

残念ながらボーカリストな俺は、里中には興味がなかった。

一緒にやってみたい。と思わされたのは、ドラムの京介だ。

TOYSが解散して、SAYSも解散して。

俺は京介をF'sに誘った。

その後の里中の事なんて、別に気にもかけなかった。


朝霧親子の確執解消に一役買った。って噂は、後々に聞いた。

いい奴だ。って周りは言っていたが、直接付き合いがない俺には関係のない話だった。

その後は、渡米したと聞いて以来…里中の存在は忘れた。

あの、知花と…カフェで茶をしてるのを見るまでは。

…思い出すとムカつくな。


「神ってさ…アズといつからの付き合いなんだ?」

ふいに、里中が言った。

「あ?何で。」

「いや…前にアズと話した時に、あいつ…やたらとおまえに詳しかったからさ。」

「くっそ…あいつまた俺の事をベラベラと…」

「ははっ。ま、大した事じゃないけどさ。小さい頃からバレンタインのチョコを半端なくもらってたとかさ。」

「バレンタインのチョコ?何だそれ。」

「え?自分の自慢話みたいに言ってたぜ?机の中から溢れてこぼれてたって。」

「俺の話かよ、そ………」

「ん?」

「……」


俺は…

アズと…いつからつるんでた?

あいつが、じーさんちに来るようになったのは…いつからだった?

カンナとは幼馴染だが…

アズ…

「……」

…どうした?

思い出そうとすればするほど…真っ白になる。

小学校…低学年…

ガキの頃の記憶なんて、なくなるもんだよな…?

…それにしても…

真っ白になるなんて事…あるのか?

「…神?」

「あ、いや…何でもない。」

「そんな小さい頃からかー…それなら詳しくて当然だな。」

「はっ…あいつ、俺の何を知ってるって喋ってた?」

それから…

里中とくだらない話を続けた。

途中、盛り上がって二人してギターを弾いたりもして…

俺的には、刺激のある夜になった。


だが…

俺は、泣いてる知花を無理矢理帰らせた。

今までと同じ…抱きしめて…とにかく抱きしめて…誤魔化した気がする。

ずっと、それが正解だと思ってたからだ。

でも今は、それが正解だとは思わないのに…それしか出来なかった。



俺の全てが間違いだったと言われたような気がして…


…どう、知花に接していいのか…


分からない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/19 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. ママ友に苛々した出来事トップ3
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3