小説置き場

原案上は完結。ブログではやっとこれでも半分過ぎ。立ち寄りありがとう。

  • 記事数 549
  • 読者 74
  • 昨日のアクセス数 431

323夢で見た話から作成

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/10/09 00:41:37

  • 7
  • 0

アヤが難しい顔をしている。
しまった!つい、必死になりすぎた。
「ごめん。色々言い過ぎた。
急に何とかなるもんじゃないから、気にしなくていいよ。時々で」
そんな、軽く暴走してしまった俺に、
「私も、もっと勉強するよ。ありがとう、亮」
にっこり笑う、アヤ。

俺の中で、違うスイッチが…カチッと入った気がした。
あっ…暴走する。
目はアヤの唇と首に釘付けだけど、自分を踏み留まらせる事に成功した。
初めてだ。

「…どうしたの?」
固まって動かない俺を、不思議そうな顔でアヤが見ていた。
「危うく襲うとこだった」
と正直に白状。
「えっ!?」
アヤが少し引いている。
「けど、自分で止めたから大丈夫。
片付けてくる」

食べ終えた食器を片付け…アヤも自分の分を持って一緒に来た。

食器を洗っていると、アヤがお馴染みのカウンター越しに話し掛けてくる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「俺が好きでやってるんだから、アヤは無理しなくていいって」...

  2. 「浅川さん、いたいた。」佐伯さんが小走りに駆け寄ってくる。...

  1. 二人で食事を...と何処か店を探したがあいにくどこもいっぱ...

  2. しばらくしてトモが部屋に入ってきた。「ナナもお菓子食べる...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/19 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. イヤイヤ期の復活で爆発しそう

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3